ワールドトリガー「風間蒼也」~お兄さんってどんな人? 雷神丸とのエピソード、名言、声優など~

 今回はジャンプスクエアで連載中の大人気漫画「ワールドトリガー」で、高性能かつカッコいいと評判のキャラクター「風間 蒼也(かざま そうや)」について紹介します。

 ワールドトリガーは異世界からの侵略者「ネイバー」と、それに対抗する防衛機関「ボーダー」との戦いを描いたSFアクション群像劇です。

 風間はその中でボーダーの部隊を率いる隊長の一人なのですが、とにかくカッコいい。本当にカッコいい男ってこういう人を指すんだろうな、と誰もが納得してしまう彼の魅力に迫ります。

ワールドトリガー、風間蒼也のプロフィール(声優含む)

小柄かつ高性能を地で行く熱い男

ボジションアタッカー(A級3位部隊 風間隊隊長)
年齢21歳
誕生日9月24日
身長158cm
血液型A型
星座みかづき座
職業大学生
好きなものカツカレー、牛乳、自己鍛錬
声優緑川光

 ボーダーのトップチーム、A級3位部隊風間隊を率いる隊長にしてアタッカー(攻撃手)ランク3位の実力者。それが風間です。

 彼の特徴はその身長。158cmとかなりの小柄で、周囲からしばしば中学生と間違われることもあります。しかし実際の彼はボーダー隊員の中ではかなりの年長者で、性格は常に冷静沈着。まさにできる男です。

 その実、内面はかなり熱いものを秘めており、その身長を含めた数々の壁を知恵と鍛錬で乗り越えてきた風間は、作者から「小柄かつ高性能」「配られた手札で勝負する覚悟のある熱い男」などと絶賛されています。

 極めて合理的で人を見抜く目があり、作中では時に厳しくも的確なアドバイスを主人公たちに与え導く役割も果たす……いや、本当に風間さん、どこまでかっこいいんでしょう(思わず「さん」づけ)。

実は兄弟の弟、お兄さん(風間進)ってどんな人?

 兄が旧ボーダーに所属しており(名前は風間進)、ネイバーに殺されたという過去を持っていますが、ネイバーに復讐したいとは思っていないようです。

 作中では、姉の復讐を望む三輪とは違う、と発言するシーンもありましたが、風間は無表情なので本心が掴みづらいんですよね。

 そこにどんな過去や葛藤があったのか、今後作中で語られることがあるのでしょうか?

 また、お兄さんがいた旧ボーダーのエピソードはまだまだ少ないので、是非当時の話をして欲しいのですが……長くなりそうだから本編でするのは難しいかな?


ワールドトリガー、風間蒼也の強さ、隊長としての適性

巧みな剣技を駆使する変幻自在のアサシン

トリオン6
攻撃9
防御・援護8
機動9
技術9
射程1
指揮9
特殊戦術8
合計59

 風間はパラメーターからも分かるように、あらゆる面で隙の無い近接型のアタッカーです。

 「スコーピオン」という軽量で変幻自在のブレードと、「カメレオン」という透明化トリガーを駆使したアサシンのような戦い方が彼の基本スタイル。

 もちろん、基本的な戦闘技術も極めて高く、ボーダーではアタッカーランク2位に位置する実力者でもあります。

 シンプルに技量が高い人ってやっぱりカッコいいですね~

ステルス部隊風間隊隊長、菊地原を見出した慧眼

 隊長としての風間は、ステルス戦闘を駆使する特殊部隊を率いています。その任務に忠実な在り方から、ボーダー司令官の直属部隊として汚れ仕事も積極的に引き受けているようです。

 そもそもこのステルス戦闘という独特の戦い方を編み出したのは、風間本人。同じようにステルストリガー「カメレオン」を用いる部隊は他にもありますが、風間隊の強みは「強化聴覚」のサイドエフェクトを持つ隊員の菊地原

 菊地原の聴覚を隊で共有することで、互いに透明化して見えなくなった状態でも隊員同士の緊密な連携が可能となっています。

 カメレオンが開発された時、菊地原のサイドエフェクトを知ってその可能性を見出し、自ら菊地原をスカウトした風間。その結果、風間隊は瞬く間にA級へと駆け上がったのですから、まさに隊長としての慧眼と言うほかないでしょう。

 隊員からの人望は厚く、風間が敵に倒された時は、普段は飄々としている菊地原が激昂して我を忘れるほど。もちろん、同僚からも頼りにされています。厳しさの中にある優しさを仲間たちも感じ取っているのでしょうね。


ワールドトリガー、風間蒼也の名言と武勇伝(雷神丸とか)

・「じゃあ勝手に突っ込んで死ね」

 仲間が敵に倒され、このままでは引き下がれないと食い下がった隊員に告げた言葉です。
 連携の取れない人間がいると戦力が下がる、との理由ですが、う~ん、実に厳しい。

 しかしこの後、この隊員は別の場所で自分の役割をキッチリと果たし、風間さんに褒められて感激していますので、実に飴と鞭の使い分けがうまいですね。

・「隊長としての役目を果たせ、ということだ

 何も出来ずに敗北した主人公の一人「三雲修」に告げた言葉です。
 本当に隊を勝たせたいなら、自分の成長という不確かな要素に頼ることなく、より具体的な手を打たなければならない。厳しいですが、ただ厳しいだけでない温かみのある言葉ですよね。

 非常に厳しくもカッコいい風間ですが、お茶目な武勇伝をいくつも持っています。
 今回はその武勇伝を紹介して、しめとさせていただきます。

・市営バスに子供料金で乗っていることに数年気づかなかった。
・酒を飲まされて酔っ払ってポストと戦った。
・誰も見ていないところで雷神丸(カピバラ?)に乗ろうとしているのを監視カメラに撮られていた

【まとめ】ワールドトリガーキャラクター考察wiki



コメント

タイトルとURLをコピーしました