「ダンまち」アフロディーテ~憎めない雑魚ポンコツ美神、ヘファイストスとの因縁やアルテミスたちとの関係など~

 今回は人気ファンタジー「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(以下「ダンまち」)」から、憎めない雑魚ポンコツ美神「アフロディーテ」について解説します。

 アフロディーテはフレイヤらと同じ美を司る女神であり、「アフロディーテ・ファミリア」の主神。

 ファミリアの本拠がオラリオ外であるため本編には未登場ですが、アプリ版「メモリア・フレーゼ」の「アエデス・ウェスタ」で登場を果たしています。

 ヘファイストスやアルテミスら女神たちと様々な因縁を持つアフロディーテ。

 本記事ではそんな彼女のプロフィールや神々との関係性を中心に解説してまいります。

「ダンまち」アフロディーテのプロフィール

基本プロフィール(声優など)

 アフロディーテはフレイヤやイシュタルと同様に美を司る女神であり、オラリオ外で活動する「アフロディーテ・ファミリア」の主神。

 本編には未登場ですが、アプリ版「メモリア・フレーゼ」の「アエデス・ウェスタ」で登場を果たしています。

 美神というだけあって、外見は長い金髪の美しい少女。

 非常に際どい衣装を着ていて、やや胸部装甲が控え目なのが特徴です。

 性格は高慢でお調子者、そのくせヘタレでしょっちゅう痛い目を見ているポンコツ系。

 神々からは雑魚キャラ扱いされ「アフロさん」などと呼ばれていました。

 声優は大久保瑠美さんが担当。

アフロディーテ・ファミリア

 アフロディーテが率いる「アフロディーテ・ファミリア」は、歌劇の国メイルストラに本拠を置くファミリアです。

 「魅了」の権能により美男美女の麗しい団員たちを集めていますが、オラリオ外ということもあってその実力はあまり大したことが無く、はたから見ればホストクラブのような有様。

 作中では当時LV3~4程度だったベル・クラネルにあっさり蹴散らされていました。

 このファミリアの主な活動内容は不明ですが、その後のアプリ版での主神の行動からすると、クラブやコンカフェを運営している可能性が高そうです。


「ダンまち」アフロディーテと神々

 天界でのアフロディーテは前述した通り、美神でありながらポンコツ雑魚キャラ扱いされていました。

 三大処女神であるヘスティアアルテミス、アテナとは同郷。

 特にお堅い性格で自分より男神たちに人気があるアルテミスとは犬猿の仲で、しょっちゅうちょっかいをかけては返り討ちにあい、尻を弓矢で射られたこともあるそうです。

 ただ同時にアフロディーテは彼女なりにアルテミスに友情を抱いていたらしく、ちょっかいをかけていたのはアルテミスに「恋」の素晴らしさを知ってほしかったからなのだとか。

 また、下界でのアフロディーテは後先考えず周囲を「魅了」し、迷惑をかける厄介者。

 かつては「最強最悪(クレイジーサイコ)」・「超絶残虐破壊衝動女(ハイパーウルトラヒステリー)」と評されるヘラの怒りを買い、キレた彼女から最終警告という名の殺害予告をされたこともあるのだとか。

 ただまあ、その後の行動を見る限り、あまり懲りてはいないようです。

「ダンまち」アフロディーテと「アエデス・ウェスタ」

 アフロディーテが登場したアプリ版ストーリー「アエデス・ウェスタ」は、アルテミスがヒロインとして登場した劇場版「オリオンの矢」の続編にして完結編にあたる物語。

 オリンピアでおきた「天の炎」の異常を解消するため炉の女神であるヘスティアが派遣されるのですが、アフロディーテは何故かオリンピアに現れ、事態を掻きまわすという役回り。

 実際にはアフロディーテはオリンピアの事情を把握していて、アルテミスの守った下界を守るため、彼女なりに力を尽くしていた、という展開です。

 「オリオンの矢」でアルテミスを(止むを得ないとはいえ)殺したベルに思うところがあるようで、作中ではベルに対し「世界のためにアルテミスは殺してヘスティアは救うのか」など厳しい言葉を投げかけていました。


「ダンまち」アフロディーテとヘファイストス

ヘファイストスとは元恋人

 天界においてアフロディーテはヘファイストスと恋人の間柄でした。

 ダンまち世界ではヘファイストスも女神ですが……まあ、そういうことです。

 ヘファイストスがアフロディーテと付き合っていた理由は、眼帯の下の醜い右目にコンプレックスを抱いていたヘファイストスが求めていたのが美しさだったからなのだとか。

 しかし二人の関係はアフロディーテの浮気により破局(浮気相手は不明)。

 この時、ヘファイストスは激怒してアフロディーテに苛烈な制裁を加えたそうです。

 その制裁の苛烈さたるや、それを目撃してしまったヘスティアとヘルメスが思い出しただけで震えあがり、アフロディーテがヘファイストスを見ただけで気絶しそうになるほどのトラウマを抱いたほど。

 ヘファイストスは今更追加の制裁を加えようとまではしていませんが、アフロディーテが話題に出ただけでも露骨に不機嫌になっていました。

元ネタとなったギリシャ神話での不倫劇

 この二人は元ネタとなったギリシャ神話では恋人というか夫婦関係にありました(ヘファイストスは男神)。

 ヘラの仕切りで二人は結婚したのですが、アフロディーテは醜いヘファイストスが不満で美男子の軍神アレスと浮気をしてしまいます。

 それを知ったヘファイストスは激怒し、アフロディーテとアレスを罠にかけ、二人が寝所に入ったところを網で捕獲。

 密通現場を取り押さえたヘファイストスは怒りが収まらず、二人にさらなる辱めを与えようとオリュンポス12神の前にそのままの状態で連れ出し、密通現場を晒したのだとか。

 ダンまち世界の制裁がどうだったのかは分かりませんが、元ネタがこれだとすると、確かにトラウマになってもおかしくありませんね。

 なお、ダンまち世界でのヘファイストスのアレスへの態度などを見るに、ダンまち世界でのアフロディーテの浮気相手はアレスではなかったものと思われます。

【まとめ】「ダンまち」キャラクター一覧



コメント

タイトルとURLをコピーしました