「ハイキュー‼」岩泉一~及川とのコンビがカッコイイ青葉城西のエース、牛若との因縁、名言、声優、その後(卒業後)の進路~

 今回は週刊少年ジャンプの傑作バレーマンガ「ハイキュー‼」から、及川徹の相棒にして青葉城西の頼れるエース「岩泉 一(いわいずみ はじめ)」について解説します。

 岩泉は及川と小学校の頃から付き合いが続く親友であり、青葉城西でも副主将として及川を支える存在です。

 ややガラは悪いものの、その一本芯の通った男気溢れる性格と及川とのコンビで作中でも屈指の人気を誇るキャラクター。

 本記事ではそんな岩泉の魅力について、及川との関係や名言、その後の進路などを中心に語ってまいります。

「ハイキュー‼」岩泉一ってどんな奴?(声優含む)

基本プロフィール(身長、誕生日、最高到達点、声優など)

所属青葉城西高校3年5組
ポジションウイングスパイカー
誕生日6月10日
身長179.3cm
体重70.2kg
最高到達点327cm
好物揚げ出し豆腐
最近の悩みあと1cm……いや、せめて7mm……!
声優吉野裕行

 岩泉は宮城県屈指の強豪、青葉城西高校男子バレー部の3年生エースであり副主将。

 それほど大柄というわけではありませんが、不機嫌そうな表情をしていることが多いため、やや荒々しく男臭い印象の強い少年です。

 男気溢れる一本気な性格をしており、ある意味では典型的な熱血スポーツ馬鹿。
 一方で仲間のことを非常によく見ており、気負う後輩に声掛けしたり意外と気遣いの出来る人物でもあります。

 主将でありセッターの及川とは小学校の頃からの付き合いで、非常に遠慮のない間柄。
 チャラついた雰囲気の及川に厳しく遠慮なく「ボゲェッ!」とツッコみ、時に鉄拳制裁をかます名コンビです。

 中学は北川第一中学で、金田一や国見影山の先輩でもあります。

 影山の日向に対する暴言と語彙は案外岩泉譲りなのかもしれません(中学時代、「根性論」というTシャツを着ていたこともあり、そのセンスも含めて影山に受け継がれている模様)。

気迫溢れるスパイクでチームを鼓舞するエース

パワー5
バネ4
スタミナ4
頭脳3
テクニック3
スピード4

※表は最低1~最高5の5段階評価

 岩泉は強豪校のエースとしてはやや小柄ですが、その気迫あふれるスパイクで味方を鼓舞するパワータイプのスパイカーです。

 もちろんパワーだけの男ではなく、要所要所で的確にブロックアウトを決めたり、ブロックの隙間をピンポイントで撃ち抜いたりと技術面も非常に優秀。

 敵エースの強烈なスパイクを拾ったり、守備面でも隙がありません。

 また、何より頼もしいのはそのチームに与える精神的な安定感。
 どんな時でも崩れず、動揺せず、その堂々とした振る舞いは主将である及川もしばしば助けられています。

 ある意味では烏野の田中の上位互換と呼べる存在でしょうね。


「ハイキュー‼」岩泉一の人間関係

金田一や京谷たち後輩から慕われる”ボス”

 青葉城西はセッターである及川を中心とし、及川のカリスマ性によってまとまっているチーム。

 しかし及川は比較的緩いキャラクターのため、彼だけではどうしてもチームとしての”締まり”に欠けてしまうのですが、そこを的確に締めるのが岩泉の役割です。

 及川がカリスマ溢れる王ならば、岩泉は厳しくも頼れるボスとして、特に後輩たちから慕われています。

 典型的なのが”狂犬”京谷で、及川に対しては反抗的な態度を崩さない京谷も岩泉に対しては従順で(物理的に上下関係、力関係を叩きこまれたとも言う)、逆らうことがありません。

 また、厳しいだけでなく要所要所で見せる気遣いも非常に秀逸。

「余計な事は考えなくていい」
「どんな時だろうと重要なのは目の前の一本だけだ」

 春高予選、先輩たちのバレーを終わらせてしまうと考え過ぎて動きが硬くなる金田一にさらりと声をかけたのが岩泉。

 こういう土壇場で周囲を見て、気を遣えるところに器の広さが感じられます。

”自慢の相棒”及川徹(60話ショック)

 及川とは小学校から続く幼馴染で、自他共に認める最高のコンビ。

 岩泉は口では及川に厳しく言っていますが誰より及川のことを認めており、及川も岩泉に対しては他者とは別格の信頼を向けています。

 そんな彼らが今の関係を築いた一つの切っ掛けに、中学生の時のある事件、”60話ショック”と呼ばれる出来事があります。

 中学時代、一度も牛若に勝てず苦悩していた及川。
 そんな及川の前に、今度はセッターとして圧倒的な才能を見せつける影山が現れ、及川は更に精神的に追い詰められます。

 独りよがりなプレーが目立つようになり、オーバーワークな練習に逃げる及川。

 そして及川はとうとう暴走して影山に手を上げてしまいそうになるのですが、それを止めたのが岩泉です。

 もっと自分が上手くならなくてはと焦る及川を、岩泉は頭突きと共に一喝します。

「”俺が俺が”ってウルセェェエ!」
「てめえ一人で戦ってるつもりか」
「冗談じゃねーぞボゲェッ」
「”6人”で強い方が強いんだろうが」

 この言葉で及川は吹っ切れ、現在に至る不屈のメンタリティを手にすることとなったのです。

 その後も、「(影山に)トス以外なら負けてない」どこか気弱な発言をする及川に、「トスも負けてないって言えよクソ及川!」と喝を入れるなど、常に及川を支え続けてきた岩泉。

 及川のことを最高のセッターだと信じ、自慢の相棒だと誇りに思う岩泉の言葉だからこそ、及川もそれに応え続けてきたのでしょう。


「ハイキュー‼」岩泉一の活躍と名言、その後(卒業後)の進路

卒業後はアスレティックトレーナーに、牛若と再会しその背を押す

 岩泉は高校卒業後、大学のスポーツ科学科に進学しアスレティックトレーナーを目指します。

 そして大学2年生の時に渡米し、有名なトレーナーである空井崇に会いに行くのですが、実は空井は牛若の実の父親であり(両親が離婚して母親に引き取られた)、アメリカで牛若と再会することになります。

 ちょうどその時牛若は、自分より身長もパワーもある選手たちを相手にスランプに陥っていたのですが、岩泉はそんな牛若相手に「お前ならもっと『ドバギャアン』って感じになれる」とあまり参考にならないアドバイス。

 ただそんなアドバイス以上に、

「『ウシワカ』が『まあまあの選手』だなんてのはメチャクチャ嫌だぜ」

 そんなシンプルな励ましこそが牛若の背を押したのでしょう。

 牛若はこの後フォームを改造し、見事にスランプを脱しています。

 その後、岩泉はプロのアスレティックトレーナーとなり、2021年のオリンピックでは日本代表に帯同しています。

 そしてその日本代表の対戦相手は及川率いるアルゼンチン代表

 敵味方に分かれながらも、その表情はとても誇らしげでした。

真っ直ぐでシンプルにカッコいい男の活躍と名言

 それでは及川の相棒として彼と共に走り続けた男の活躍を、最高にカッコいい名言とともに振り返って行きましょう。

「これでチャラな」
「どっちだって同じ1点だ」

 IH予選、最終セットデュースの場面で出た及川のサーブミス。

 それをサラリとスパイクで取り返し、言い放った岩泉。

 男前過ぎませんかね!?

「いつも通りでいい」
「俺に勝負させろ」

 春高予選、伊達工業の鉄壁のブロックから岩泉を逃がそうとした及川に対して言い放った言葉。

 強力なブロックから逃げることが悪いわけではありません。
 しかしこうして真っ向から戦おうとするエースの存在は間違いなくチームの士気を高めてくれます(東峰とは対照的ですねぇ……)。

「あれを決められずに何がエースだ!」

 春高予選、烏野高校との試合で及川の最高のトスを決めきれなかった自分を悔やむ岩泉。

 自身が及川の相棒であり、彼にとって最高のスパイカーであろうとするからこそ、その一本が許せなかったのです。

「お前は俺の自慢の相棒で」
「ちょうスゲェセッターだ」

 春高予選で敗退し、引退した岩泉や及川たち。

 もう二度と同じユニフォームを着て戦うことはないのかもしれない。

 それでもその事実だけは変わらないと伝える岩泉。

 本当に、ただただ尊いシーンでした。



コメント

タイトルとURLをコピーしました