「呪術廻戦」狗巻棘~その呪言師としての能力と魅力、アウトローな家系、おにぎりの具の意味、腕の欠損は?~

 今回は言わずと知れた大人気漫画、「呪術廻戦」で、男性キャラながらやたらかわいいと評判の狗巻棘について考察していきたいと思います。

 狗巻は呪術高専における主人公たちの先輩。前日譚である「東京都立呪術高等専門学校」にも登場している人気キャラクターです。
 語彙がおにぎりの具しかないという不思議な設定で、ほとんどまともに会話をしていないのにやたら存在感のある狗巻。これも一種のあざとさなのか、などと感じつつ、その能力と魅力について語らせていただきます。

呪術廻戦、狗巻棘ってそもそもどんな奴?

基本プロフィール(声優含む)

誕生日10月23日
所属東京都立呪術高等専門学校2年
趣味・特技You Tube
ストレス朝礼
声優内山昂輝

 狗巻は呪言師という呪術師の中でも非常に稀有な術式を持つ少年で、主人公たちの1年先輩。
 1年時で2級術師、2年時では準1級術師と非常に高い評価を受けています。

 マッシュルームカットの白髪(前日譚時点では短髪、主人公虎杖と被っていたため変更となった)と口元の丸い模様が特徴で、普段は服で口元を隠しています。

 そして何より、後述する術式の影響を抑えるため、普段の語彙はおにぎりの具しかないという不思議な設定の持ち主。

 棘だけでなく、狗巻家の人間は全員そうらしいですから、彼らの家族団らんは相当シュールなものでしょうね(作者曰く、家族は心で会話をしているとのことですが……これ絶対適当に言ってますよね)。

 語彙のせいかやや感情が読み取りづらいですが、非常に友人思いで優しい少年。仲間が窮地に陥った時は、限界を超えて術式を行使し、吐血するシーンもよく見られます。

 そんな狗巻ですが、後輩の伏黒から「手放しで尊敬できる先輩」とは思われていない様子(唯一その括りに入っているのは乙骨憂太)。狗巻は大人しそうに見えてかなり悪ノリ好きなので、伏黒もそれに巻き込まれているのかもしれませんね(そんな場面が今後描かれるといいな……)

 インドア派っぽい雰囲気ですが、かなり運動神経が良く、10段階評価で9と上から2番目。これより上は天与呪縛などで超人の域に達した連中だけなので、かなりのものですよね。

 まあ、残念ながら作中ではあまり運動神経は目立っておらず、呪言という後衛っぽい術式とも親和性は無さそうなので、あくまで設定上のものになりそうですけど。

術式「呪言」の能力と反動、狗巻家はアウトロー

 さて、語彙をおにぎりの具にしなければならない狗巻の呪言とはいったいどんな術式なのか。

術式:呪言
呪力を言葉に乗せて相手に放つ術式。
『潰れろ』『吹っ飛べ』『眠れ』など、唱えただけで対象に影響を及ぼすことができる。
日常会話であっても対象に影響を及ぼす可能性がある。
地声でなくても、拡声器や電話などでも相手に声が届けばよい。
言葉を理解できない無生物にも効果が及ぶ。
言霊の強度、対象との実力差に応じて喉に反動がある。

 言葉通りの事象を起こせる代わりに、制御が難しく反動も大きい能力ですね。

 狗巻も幼い頃は呪言を制御できず色々と苦労したという話がありましたから、人を呪わば穴二つ、の典型的な能力と言えるでしょう。

 「ノドナオール」なる喉薬を愛用していて、戦闘中にも飲んでダメージを回復している描写があるのですが……痛めた喉をスグに直せる薬って、実はこれも呪術関係の特殊なアイテムだったりするんでしょうかね(普通の薬局で売ってたんでそれはないか)。

 ちなみに、狗巻家は呪術界ではアウトローで、徐々に身内から呪術師を絶やしていこうとしているらしく、棘のような明確な力を持つ呪術師は珍しいようです。
 まあ、こんな日常生活にも困る能力、本人たちからしたら無くしてしまいたいでしょうね。棘も、能力を制御するために呪術師になったのかな?


呪術廻戦、狗巻棘の作中での活躍

呪術師として

 狗巻は強力な術師としてあちこちひっぱりだこで、作中で何度も戦闘シーンが描かれています。
 前日譚では乙骨とともに強力な呪霊を祓っていますし、本編でも京都校との交流戦で三輪を『眠れ』の一言で戦線離脱させています。

 また、実際に登場していなくとも、いつ呪言で攻撃されるかわからないと敵の注意を削ぎ、プレッシャーを与えるなど、渋い活躍もありましたね。

 ただそれ意外だと、特級以上の敵には実力差から強力な言霊は通じず、動きを制限するのが精いっぱい。身をていして味方を守り、吐血するシーンがどうしても目立っていますね。

 今後、多少強化がされたとしても、能力的に直接敵を倒すような活躍というのは難しいかもしれませんね(言葉一つでバカバカ敵を倒せたんじゃ物語的に強すぎますし)。

 どちらかというと、バッファー、デバッファー的な方向で成長することが望ましいとは思いますが……

おにぎりの具マイスターとして

 さて、作中で様々なバリエーションのある狗巻の語彙、おにぎりの具ですが、作中で使われているのは今のところ……

しゃけ = 肯定
おかか = 否定
・ツナマヨ = 一番好きな具
・ツナ
・こんぶ
・すじこ
・高菜
・明太子
・いくら

 一つ一つ意味があるのかと思いきや、明確に意味があるのは『しゃけ』と『おかか』二種類だけ。他は恐らく適当に使われています。

 狗巻ファンの皆さんは、あるいは必死に意味を探ろうとしていたかもしれませんが、これについては作者の性格的にあまり凝った設定はしないでしょうから、『しゃけ』と『おかか』以外で意味を考えるのはやめときましょう。答えはありません。


狗巻棘、渋谷事変での腕の欠損とは?

 さて、渋谷事変以降、消息不明となっていた狗巻ですが、本編に登場した乙骨の発言から「生存している」こと、また「左腕を欠損している」ことが判明しました。

 具体的にどこにいるのか、また何故左腕を欠損したのかは不明ですが、乙骨は「虎杖が狗巻の腕を落とした」と発言していました(それを理由に虎杖を処刑しようとしていましたが、それは演技であったことが判明)。

 とは言え、ここには幾つか疑問があります。

 まず、渋谷事変で虎杖が狗巻の腕を落とした実際の描写がないこと。
 また、家入、乙骨という治療役がいながら、未だに狗巻が登場していないことです。

 虎杖が狗巻の腕を落としたタイミングがあったとすれば、それは宿儺による領域展開に狗巻が巻き込まれていた場合。ただ、そうだとすると腕程度で済むのか、って疑問は残りますよね。

 また、反転術式による治療がどこまで万能かは分かりませんが、乙骨と狗巻が会えているのなら、とっくに復帰して再登場していても良さそう。腕の欠損が治せないにしてもダメージは回復しているだろうし、せめて一言、言及があってもいいですよね。
 何か口に出しにくい事情があるのかな? ただの作者の意地悪な演出かな?

 もう復帰はしているけど単純に別行動しているだけなのか、それとも上層部あたりに人質に取られているのか……前者だといいなぁ。

 事の真相、そして狗巻の失われた左腕は治るのか、彼らの再登場が待たれます(作者が作者だけに、結構シビアに治りません、って言いそうで怖いな……)。

【まとめ】「呪術廻戦」キャラクター考察wiki~生死を含めた最新の状況は~



コメント

タイトルとURLをコピーしました