「ワンパンマン」ブラスト~謎に満ちたS級1位ヒーロー、その正体や強さ・能力、神との関係や仲間、登場話など~


 今回は「ONE」先生原作の大人気作品「ワンパンマン」から、謎に満ちたS級1位ヒーロー「ブラスト」について解説したいと思います。

 ブラストはS級1位ヒーローでありながら、自由意思(趣味)でのみヒーロー活動を行っており、ヒーロー協会でさえその動向を把握できていない正体不明の男。

 どことなくサイタマに通じるものがあり、その能力とあいまってサイタマの未来の姿なのではなどと噂されたこともあります。

 本記事ではそんなブラストの強さや過去、彼が敵対していると思われる「神」の存在などを中心に、その正体を考察していきたいと思います。

「ワンパンマン」ブラストってどんな奴?(声優含む)

基本プロフィール(年齢、身長、体重、ランキング、声優)

年齢不明
身長不明
体重不明
好きなもの不明
嫌いなもの不明
趣味不明
ヒーローネームブラスト(本名の可能性もある)
ランキングS級1位
声優

 ブラストはヒーロー協会に所属するS級1位のトップヒーローです。

 しかし、他のヒーローたちとは異なり協会から依頼を受けて動くことはなく、協会上層部でさえその動向を把握していない謎に満ちた人物。

 その為、同じS級ヒーロー達でもブラストに会ったことがある者は限られ、永らく本編でも未登場のままとなっていました。

 ヒーロー協会上層部からは半ば引退状態にあると見做されていますが、そもそもブラストは自由意志(趣味)でヒーローをやっているという話でしたから、ヒーロー協会が勝手にブラストをヒーローとして認定しているだけ、という可能性もありますね。

原作版に先駆けてリメイク版でご本人が登場(登場話)

 タツマキらの過去回想には登場していましたが、現在の姿は永らく不明となっていたブラスト。

 しかし原作版に先駆け、リメイク版184話ではブラスト本人がついに登場しています。

 外見は傷だらけのヒーロースーツとサングラスを身に纏った、短髪にがっしりした体格の壮年の男性。

 怪人協会編の最中の出来事でしたが、ブラストもまた何らかの事件を追っていた様で、自分の要件を済ませると、能力を使ってすぐに姿を消しています。

 更にその後、201話でタツマキのピンチを察して再登場しますが、この時もタツマキの無事を確認するとすぐに去っていきました。

 仲間たちと共に何者かと戦っていることだけは判明しましたが、その詳細は未だ不明のままとなっています。


「ワンパンマン」ブラストの強さ(能力)

 S級1位ヒーローであるブラストの強さや能力に関しては、今のところ断片的にしか分かっていません。

 判明している情報を列挙すると、

・災害レベル「竜」ムカデ長老と交戦し、瀕死の重傷を負わせ撤退させる。
・忍者の里(ソニックフラッシュの育った場所)を襲撃し「あの御方」を意識不明に追い込む。
・閃光のフラッシュの目にも止まらぬ速度で彼の背後を取る。

 このことから考えると、強さ的にはムカデ長老たちを瞬殺したサイタマには劣りますが、他のS級ヒーローよりは圧倒的に上。

 辛うじてタツマキなら対抗できそうかな、といったレベルでしょうか。

 また、詳しい能力は不明ですが、

・時空間を繋げるゲートを開くことができる。
・タツマキに触れ、その記憶(フブキの存在)を読み取ったような描写がある。

 特に時空間を繋げるゲート能力が応用が効いて便利そうですね。

 タツマキを超えるS級1位ともなれば、これらはブラストの力のほんの一端に過ぎないのではないのかと思われますが……

「ワンパンマン」ブラストと登場人物との過去

タツマキ(182話)

 ブラストは本編の18年前、とある研究施設にいたタツマキと出会っています。

 研究施設で合成獣のサンプルが暴走し、研究員たちに見捨てられるタツマキ。

 それを救ったのが当時のブラストでした。

 ブラストはタツマキになぜ超能力を使わなかったのかと問い、タツマキが力を抑えていればお払い箱になって施設から出られると考えていたことを指摘します。

 過酷な境遇に心が摩耗していたタツマキに、ブラストは二つのことを伝えます。

 一つは、

「君を必要とする人はいる」
「家族を守ってあげなさい」

 そしてもう一つは、大きすぎる力を持つ者の心得。

「いざという時に誰かが助けてくれるとは思ってはいけない」

 この心得は呪いのようにタツマキの心を縛りますが、同時に後述する「神」の誘惑から彼女を救ってくれることになります。

アマイマスク(180話)

 リメイク版では、ブラストがアマイマスクの過去にも関与していたことが判明しています。

 回想シーンでは絶望して膝をつくアマイマスクに対し、

「もう大丈夫だ」

 と声をかけるブラストの姿が。

 ただ、それを思い出したアマイマスクは顔を歪めて頭を地面に叩きつけていましたから、これは彼にとって屈辱の記憶だったようです。

忍者の里(音速のソニック・閃光のフラッシュ、原作ネタバレ)

 原作版では、本編15年前にブラストが音速のソニック、閃光のフラッシュが育った忍者の里を襲撃し、里を壊滅状態に追いやったことが判明しています。

 元々忍者の里は暗殺者の養成施設でしたから、ヒーローに滅ぼされる理由はいくらでもありました。

 ただ、趣味でヒーロー活動をしていたブラストが何故わざわざ、という疑問は残りますね。

 また、結果的に里をより良い方向に変えようとしていたソニックは、これが切っ掛けで目標を失い落ちぶれていくことになりますから、ソニックにとってブラストは因縁の相手と言えそうです。


「ワンパンマン」ブラストの正体(神・仲間の存在)

ブラストの目的は黒いキューブの回収

 ブラストは黒いキューブの回収を目的としています。

「このキューブは通信機みたいなもんでな」
「触れると空間がねじれ」
「ヤツとの交信が可能になる」

「私は趣味であちこちにバラまかれてる」
「コイツを収集してるんだ」

 黒いキューブを通じて語り掛けてくる何者かは、強大な力を与えてやると近くにいる者を誘惑し、取引を持ち掛けてきます。

 ブラストはその何者かと敵対しており、人々がその誘惑に乗ることを防ぐためにキューブを回収しているようです。

 タツマキの過去回想に登場した際も、その手の中には黒いキューブが収められていました(研究所で合成獣が暴走したのも、あるいはそのキューブの影響だったのかもしれませんね)。

敵対する「神」とブラストとともに戦う仲間の存在(ボロス?)

 ブラストと敵対する何者かとの取引に応じた一例が、怪人協会の幹部の一人・ホームレス帝。

 ホームレス帝は災害レベル「竜」(5段階で上から2番目)の強敵ですが、元々は社会からドロップアウトした単なるホームレスに過ぎませんでした。

 そんな彼を災害レベル「竜」の怪人としてしまったのですから、その力を与えた者の凄まじさたるや……

 ホームレス帝はその存在を「神」と呼んでいました。

 「神」がいかなる存在か、その全容は未だ謎に包まれています。

 ホームレス帝は月の裏側に、タツマキはその誘惑の幻の中に樹木が無数に絡み合ったような不気味な無貌のヒトガタを垣間見ていました。

 恐らくは最上位にあたる災害レベル「神」。

 ブラストはそんな存在と今も人知れず戦い続けているようです。

 しかし、ブラストは決して一人で戦っているわけではなく、彼が開いたゲートの向こう側には仲間と思われる幾人もの影が(201話)。

 しかもその中には、サイタマ先生とも戦いっぽいことができた、あのボロスに似た姿を持つ存在がいることも判明しています(209話)。

 また話しぶりからすると、複数の宇宙人がブラストの仲間に加わっているようです。

 果たしてブラストの仲間たちの全容はいかなるものなのか。

 ブラストの時空を超える能力を考えれば、星や次元、時間を超えた一大ストーリーが繰り広げられている気がしますね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました