ワールドトリガー「六田梨香」~漆間との妄想がはかどるドジっ子年上オペレータ―、並列処理に難有りと予想されるが?~

 今回はジャンプスクエアで連載中の大人気漫画「ワールドトリガー」から、未だ謎多き漆間隊のオペレータ―「六田 梨香(ろくた りか)」について解説します。

 六田梨香は遠征選抜試験で登場した漆間隊のオペレータ―。

 漆間隊はB級中位以上の部隊の中では唯一主人公たち玉狛第二とランク戦での対戦がなく、未登場となっていた部隊で、その特殊な部隊編成と共に何かと話題になっていました。

 本記事では隊長・漆間恒との関係にファンの妄想が捗る気弱ドジっ子お姉さん、六田梨香のプロフィールや能力、今後の活躍について考察したいと思います。

ワールドトリガー「六田梨香」のプロフィール(声優除く)

漆間隊の気弱ドジっ子オペレータ―(漆間より年齢は上)

ボジションオペレーター(B級部隊 漆間隊隊員)
年齢17歳
誕生日11月10日
身長160cm
血液型A型
星座とけい座
職業高校生
好きなものわかめごはん、わらび餅、読書、家族
声優

 六田梨香はB級部隊、漆間隊に所属するオペレーターです。

 外見は色素の薄いボリュームのあるロングヘアーと下がり気味の眉が特徴の温和そうな少女。

 性格は控え目で気弱、古寺と並んで冷や汗率が高いキャラクターです。

 優しく協調性は高いのですが、ややおっとりし過ぎているというか、どんくさいところのあるドジっ子。

 しっかり者やマイペースな変人が多いボーダー隊員の中では珍しいタイプの少女ですね。

隊長・漆間恒との関係に関しファン(ワ民)の妄想が捗る

 六田梨香が所属する漆間隊はB級中位に位置しながら、そのメンバーは隊長1名オペレータ―1名の計2名という珍しい部隊です。

 隊長の漆間恒は六田の一歳年下ながら、遠征選抜試験では城戸司令相手に金銭交渉を仕掛けた守銭奴。
 この交渉の際に漆間は、彼を諫めようとする六田を完璧に無視しており、ファンの間ではDV隊長だと話題になっていました。

 六田と漆間の関係性や何故漆間隊が二人きりなのかなど、詳しい情報は今のところ明かされていませんが、それ故にワ民(ファン)の間では様々な考察(妄想)が繰り広げられています。

 二人が付き合っているかどうかはさておき、二人きりなのは漆間の性格の悪さについて行けるのが六田しかいなかったからだ、いや実は六田はドジっ子でオペ能力に問題がありそうだから二人部隊しか組めないのでは……

 真相はともかく、色々と楽しませてくれそうな関係性であることだけは確かですね。


ワールドトリガー「六田梨香」の能力

戦闘員一人の特殊な部隊編成、オペレータ―としての能力は未知数

トリオン不明
機器操作不明
情報分析不明
並列処理不明
戦術不明
指揮不明
合計(※)不明

※オペレーターのパラメーター合計にトリオンの値は含まれない。

 今のところ六田梨香のパラメーターは公表されていません。

 前述した通り、漆間隊は戦闘員一人の特殊な編成の部隊。

 ボーダーの部隊は最大で戦闘員四人の部隊を組むことができますが、戦闘員が増えるほどオペレーターの負担が増えるため、実際には戦闘員三人の部隊が多くなっています。

 つまり戦闘員四名で勝っている部隊は、それだけオペレーターが優秀ということですね。

 漆間隊が戦闘員一人の部隊だからと言ってオペレータ―である六田の能力が低いとは限りませんが、パラメーターの公開や具体的な描写が無い中では、彼女の能力は全くの未知数と言わざるをえません。

部隊編成、ドジっ子特性から並列処理が苦手と予想されているが?

 ワ民(ファン)の間では、今のところ六田は並列処理(マルチタスク)が苦手なタイプのオペレータ―ではと予想されています。

 これは戦闘員一人部隊であること、作中で奥寺に話しかけられて料理を焦がしかけた描写、「課題してると口が回らなくて」という発言などからの推察で、あながち的外れな考えでもありません。

 ただ、それが戦闘員一人部隊しか担当できないような致命的な欠点かというと、そこまでは考えにくいです。

 何故なら遠征選抜試験においてはは戦闘シミュレーション試験が実施されており、六田が所属する古寺六番隊は戦闘員四人編成で(選抜試験では全部隊そうですが)、初日4位と好成績(4勝1敗5分)。

 仁礼の発言からシミュレーションにおけるオペレータ―の役割は通常の戦闘とさほど変わらないことが分かっていますから、六田に並列処理に致命的な問題があったならここまで良い成績は取れなかったでしょう。


ワールドトリガー「六田梨香」の今後

遠征選抜試験では古寺六番隊に所属

 遠征選抜試験で六田は古寺六番隊に所属しています。

 古寺六番隊は古寺と木虎という二人の頭脳派A級隊員、そして協調性の高い奥寺三浦という優等生が集まった臨時部隊で、既に試験序盤ではかなりの好成績をおさめています。

 水上隊のようにポイントは取っていても人間関係に爆弾を抱えているといった危ういところもなく、地に足についた堅実な部隊。

 この部隊であれば引き続き六田も安心して試験に臨むことができるでしょう。

 ……しかし、逆に考えれば古寺六番隊は「問題が少ない」部隊だからこそ「見せ場が少ない」であることもまた確か。

 目立たないわけではありませんが、どうしても優秀な古寺・木虎にスポットが当たりがちです。

 六田の活躍や深掘りと言う意味では、ちょっと難しい展開になりそうですね。

コミックスのカバー裏(25巻)で漆間とのあれこれが暴露されるはず

 しかし本編での活躍が見込み薄でも心配することはありません。

 元々「ワールドトリガー」はキャラクターの重要情報をしれっとコミックスのカバー裏などで開示するのがお決まりの作品。

 恐らく順番的に25巻のカバー裏では漆間隊(+片桐隊)の紹介文が掲載されるはずです。

 そこでは六田と漆間との関係や漆間隊結成秘話などもしっかり触れられることになるでしょうから、それを楽しみに待つといたしましょう(2022年夏予定)。

【まとめ】ワールドトリガーキャラクター考察wiki



コメント

タイトルとURLをコピーしました