「弱虫ペダル」新開隼人~パワーバー食べ過ぎエーススプリンター、うさぎ・鬼・バキュンポーズの由来、弟・悠人、声優など~

 今回はアニメ化、実写化もされた大人気漫画「弱虫ペダル」から、パワーバー食べ過ぎ問題で知られるエーススプリンター「新開 隼人(しんかい はやと)」について解説します。

 新開隼人は王者箱根学園のエーススプリンターで、自他共に認めるトップ選手の一人。

 爽やかな見た目に似合わずクセの強いキャラクターで「パワーバー食べ過ぎ」「鬼になると形相変わり過ぎ」など実力以外の点で印象に残った読者も多いことでしょう。

 本記事では新開隼人の過去(ウサギ・鬼)や、泉田・弟との関係、その後の進路(大学生活)などを中心に、そのキャラクターを深掘りしてまいります。

「弱虫ペダル」新開隼人ってどんな奴?

基本プロフィール(誕生日、身長、自転車、声優)、バキュンポーズ

所属箱根学園 → 明早大学工学部
身長177cm
体重64kg
誕生日7月15日
タイプスプリンター
愛車cervelo(黒い車体に白ロゴ)
声優日野聡(幼少期:小清水亜美)

 新開隼人は王者箱根学園の3年生エーススプリンターとして、作中1年目のIHに出場したキャラクターです。

 外見は少し厚めの唇と垂れ目が特徴の好青年。

 普段は飄々とした雰囲気を漂わせ、我の強いチームメイトたちの潤滑油的な役割を果たしていますが、いざ勝負どころでは表情や態度を豹変させ、猛々しく狂暴なレーサーへと変貌します。

 高校入学以前からスプリンターとして有名だったようで、箱根学園主将の福富寿一とは中学時代からの付き合いで、互いに深く信頼し合っています。

 作中では選手たちが補給食を食べている姿が良く描かれていますが、新開隼人はその頻度が恐ろしく多く、何かあればパワーバーを口にし続けているところも特徴の一つ

 食べすぎだろとか、どこに隠し持ってるんだとか、色々ツッコミどころが満載でしたね。

 また、新開隼人と言えば手を銃の形にして相手に向ける「バキュンポーズ」
 「相手を必ず仕留める」という合図ですが、これは彼のオリジナルではなく、実在のプロレーサー、アルベルト・コンタドール選手のウイニングポーズなのだそうです。

箱根の直線鬼、レースでウサギを轢いてしまい左側を抜けなくなる

 新開隼人は「箱根の直線鬼」の異名を持つ、自他共に認める箱根学園のエーススプリンターです。

 ”鬼”の由来はスプリント中の荒々しい形相と口調で、目と舌を剝き出しにしたその様子は確かに鬼と呼ぶほかない凄まじいものとなっていました。

 その能力は極めて高く、2年生の時にもIHの選手に選ばれているのですが、ある理由から新開はそれを辞退しています。

 実は新開は2年生の時のレースでコースに飛び出してきたウサギを轢き殺してしまい、そのトラウマから相手の左側を抜けなくなるという弱点を抱えてしまったのです。

 新開は福富東堂荒北らといった仲間たちの支えもあり、弱点を抱えたままでも戦えるまでに実力を高め、無事にレーサーとして復帰することになりますが、IH2日目ではその弱点を御堂筋に突かれることに。

 しかし新開はそこで崩れることなく、土壇場でトラウマを克服するのです(詳細は後述)。

 ちなみに、トラウマの原因となったウサギの子供を新開は「ウサ吉」と名付けて飼っており、非常に可愛がっています。


「弱虫ペダル」新開隼人の人間関係

弟の悠人との関係は本人曰く良好(本当?)

 新開隼人には3歳年下の弟、新開悠人がいます。

 弟の悠人も新開隼人と入れ替わりで箱根学園に入学し、1年生からレギュラーの座を射止めています。

 過去の描写を見ると、悠人は兄に憧れ慕ってはいたものの、周囲から「新開隼人の弟」として扱われることに不満を抱き、色々と問題も起こしていました

 そうした事情もあってか悠人はスプリンターと一流の才能を持ちながら、兄とは違うクライマーとしての道を選択しています。

 新開隼人は「兄弟仲は良い」と評していましたが、弟の側から見ると色々不満もありそうですね。

 ちなみに兄弟喧嘩をした際、兄である隼人は自分の正当性を主張して決して謝らないので、弟の悠人が先に折れて謝っているのだとか。

泉田塔一郎はかわいい後輩スプリンター

 新開隼人にとって、後輩である泉田塔一郎はかわいい後輩であると同時に、箱根学園エーススプリンターの座を受け継ぐ後継者です。

 泉田も、元々自分が伸び悩んでいた時に新開隼人のアドバイスを受けてスプリンター(あるいは筋肉馬鹿)としての道を見出したということもあり、新開に向ける態度はもはや信仰に近いものがありました。

 作中で泉田が新開に向けた独白は愛の告白とさえとれる熱烈なものでしたね。

 卒業後、新開は2年目のIHに応援に来ていたのですが、実の弟がレギュラーとして頑張っているにもかかわらずそちらとの絡みはほとんどなく、泉田の成長と勝利に熱い「バキュンポーズ」を捧げていました。


「弱虫ペダル」新開隼人の活躍と名言、その後の進路(大学生活)

卒業後は福富と共に明早大工学部に進学

 高校卒業後、新開隼人は福富寿一とともに明早大工学部(福富は法学部)に進学し、京都伏見の石垣らと共に大学の自転車競技部で活躍しています。

 大学では自転車だけでなく色々と楽しむつもりらしく、高校卒業前に自動車免許を取得。

 また、モテるために香水を使っているとの情報も明かされています。

 その成果もあってか、大学ではアルバイト先で女の子にモテモテなのだとか。

 すっかりチャラくなっちゃったなぁ(泉田が泣いてるぞ?)。

御堂筋には負けてしまうが、折れることなく復活しチームに貢献する

 それでは最後に、新開隼人のIHでの活躍について、その名言と併せて振り返っていきましょう。

 初日はその足を温存していた新開。

 彼の本番は二日目のスプリントリザルトからでした。

 執拗に周囲を挑発する御堂筋を相手に、「箱根の直線鬼」の実力を遺憾なく見せつけ、当初御堂筋を圧倒する新開。

「箱根の直線にさ」
「鬼が出るって噂、知ってるかい?」

 しかし新開は御堂筋に、トラウマで左側を抜けないという弱点を突かれ、苦しめられます。

「左から抜けねェだァ?」
「誰が決めた、そんなこと」
「抜いてやるよ!」

「すまねェウサ吉」
「オレは左を抜くぜ」
「前に進むしかねェんだ」

 不屈の精神力でレース中にトラウマを克服し、勝負を五分に戻す新開。

 ですがそれでも新開はスプリントリザルトで御堂筋に敗北してしまいます。

 勝たなければならない場面で結果を残せなかった新開。

 しかし彼は折れておらず、その日のエースアシストとして再び躍動します。

「問題ないな、寿一」
「20秒で追いつくよ!」

 ゴール前、総北や京都伏見にかなりの差を着けられていた箱根学園ですが、新開はその圧倒的な脚力で一気に差を詰め、二日目の勝利に見事な貢献を果たしたのです。

「おまちかねだよ」
「オレたちのエースだ!」

 そして3日目。

 新開は荒北の鬼引きもあって、見事に最終日のスプリントリザルトを獲得します。

 そして先に脱落した荒北、泉田の想いを継いで山岳を前にチームを限界まで引いてゴール戦線から離脱していきました。



コメント

タイトルとURLをコピーしました