「弱虫ペダル」荒北靖友~作者一押し”箱学の運び屋”、人気の理由、名言、大学生活、使用自転車ビアンキ、声優など~

 今回はアニメ化、実写化もされた大人気漫画「弱虫ペダル」から、作中でも屈指の人気を誇る作者一押しキャラクター「荒北 靖友(あらきた やすとも)」について解説します。

 荒北は作中で王者箱根学園の一員として登場しましたが、チームの中での役割は「運び屋」、言い換えればサポーターと当初はやや脇役的な立ち位置のキャラクターでした。

 しかしその裏表のない真っ直ぐな性格から、回を追うにつれてその存在感を増していき、敵味方を問わず大きな影響を与えた存在となりました。

 本記事では荒北の活躍と名言、人間関係や大学生活などを中心にその魅力について深掘りしてまいります。

「弱虫ペダル」荒北靖友ってどんな奴?

基本プロフィール(誕生日、身長、声優)

所属箱根学園 → 洋南大学工学部
身長178cm
体重63kg
誕生日4月2日
タイプオールラウンダー
愛車ビアンキ(チェレステカラーに黒ロゴ)
声優吉野裕行

 荒北は王者箱根学園の3年生レギュラーとして、作中1年目のIHに出場したキャラクターです。

 外見は三白眼で鋭い目つきをした荒々しい雰囲気の少年で、やや下まつげが目立つことが特徴です。

 性格は一言でいうと粗暴な皮肉屋。
 常に何かに突っかかるような物言いをし、敵味方を問わず噛みつくような典型的なヤンキー兄ちゃんですね。

 主将の福富のことだけは心底認めており、口では色々文句を言いつつも福富の言うことには最終的に素直に(?)従っています。

 また、口は悪いですが意外に仲間想いで面倒見がよく、チームメイトや後輩からは慕われているようです。

 チームでの役割はエースの体力を温存させたままゴール前までけん引する「運び屋」。

 決して目立たないサポーター的なポジションですが、荒北はそれに不満を漏らすことなく、それどころか誰より誇りと責任感をもって先陣をきってチームをけん引し続けています。

 ある意味、箱根学園で一番チームの勝利に対して献身的な選手とも言えるでしょう。

 ちなみに好きな飲み物はペプシ。違うコーラを買ってくると何をされるか分からないので要注意、だそうです。

人気のあまり愛車のビアンキに乗りたいと言う人が続出

 荒北はライバルチームのサポート役、しかも出場は1年目のみと決して恵まれた立ち位置とは言えませんが、公式の人気投票では3回以降トップ10圏内を維持する人気キャラクター(最高は3位)

 作者が「もっと活躍させたいキャラクター」としてプッシュしているというのもあるのでしょうね。

 作中では根強い人気を誇り、ネット上の書き込みなどを見ると、実際に荒北が乗っているロードバイクに乗りたいという方が多数存在しているみたいです。

 ただ、荒北の愛車とされる「ビアンキ(Bianchi)」というのはメーカー名。特定の車種を示すものではなく、具体的な型を特定することは難しいようですね。

 ビアンキは現存する世界最古の自転車メーカーで、価格帯(10万円~200万円ぐらい)も種類も非常に豊富。

 もし興味のある方は、荒北のモデルと同じ色合いのものを自転車屋さんで取り寄せてもらえば、エントリーモデルなら10万円台前半で入手することが可能なようです(……ロードバイクは高いですからね)。


「弱虫ペダル」荒北靖友の人間関係(SPARE BIKE含む)

親友:福富寿一と自転車との出会い

 荒北が自転車競技を始めたのは箱根学園に入学してからです。

 元々荒北は中学時代は野球部で、中学2年生まではそこそこ有名な投手として活躍していたようですが、肘を壊して野球を引退。

 その後はグレて、敢えて野球部のない箱根学園に入学しました。

 そこでもスクーターを乗り回して荒れた生活を送っていた荒北は、ある日自転車競技部で練習に励む福富と出会います

 ちょっとしたイザコザからスクーターとロードバイクでレースをすることになり、見事に完敗した荒北

 それが切っ掛けで荒北は自転車競技部に入部し、裏表がなく愚直な福富のことを「福ちゃん」と呼んで慕うようになります。

 IH最終日、福富に認めてほしいと最後まで力を振り絞る荒北と、そんな彼に向けた福富の信頼は彼らの3年間が集約された名シーンと言えるでしょう。

後輩黒田、泉田、真波に与えた影響

 恐らくは荒北は作中で最も多くの後輩に影響を与えた男です。

 一つ年下の黒田は元々粗暴な荒北のことを嫌っており、荒北もエリート肌の黒田のことをあまり好いてはいませんでした。

 しかし黒田は何度挑んでも荒北には勝てず、頭を下げて荒北に教えを乞うようになります。

 それ以降、黒田は荒北と同様に個人のプライドを捨ててチームのために献身的に働ける選手となっていきました

 またチームが敗北した時、後輩たちにストレートに声をかけてやれるのが荒北。

 1年目のIHでは、敗北して泣きじゃくる泉田「2位を嘆くのは俺達の役割だ」と次を見るよう告げています。

 そして2年目のIHでは、ゴール前で競り負けた真波の元に向かい、空元気を見せる彼に話しかけます。

「あれ? 励ましてるんですかー? 俺を」
「それを言いにきたんですかー?」(真波)

「あ!?」
「そうだよ」
「ゴール前、箱根学園背負って、マジでゴール狙って走るお前は」
「カッコよかったぜ?」

 ……いや、ずるいぐらいにカッコいいですよね。


「弱虫ペダル」荒北靖友の進路(大学生活)と名言

インターハイでの活躍と名言

それではIHでの荒北の活躍を、その名言と共に振り返って行きましょう。

「ガンバレじゃねーよ」
「おめーががんばれ、ボケナスが! 傍観者が!」
「見てるだけのヤツにがんばれ言われる筋合いねーよ!」

 応援にすら噛みつく荒北。
 しかしその言葉は、彼らしく一本筋が通ったものでした。

「だがゴールには入れねぇな!」
「お利口チャンだからな」

 IH初日、競い合う今泉の実力は認めつつも、それだけでは自分たちには勝てないと挑発する荒北。

 結果としてこの言葉が今泉の闘志に火をつけることになります。

「バカ、バカ正直な上に不器用だ!」
「ロードレースに向いてねーよお前」
「誰かに似てるけどな」
「けど……お前……期待以上だ、小野田ちゃん!」

 IH3日目、協調を持ち掛けてきた小野田坂道のことを当初は相手にしなかった荒北ですが、小野田の意外な実力とどこか福富に似た真っ直ぐさに惹かれ、協調を応諾して彼らを引っ張ります。

「オレは、お前にだけはほめてほしいんだ」
「福ちゃん」

 IH3日目のスプリントリザルト直前で力尽きた荒北が朦朧とした意識の中で呟いた言葉。
 充実した3年間の回顧と福富への想い、その全てがここに詰まっていました。

奇跡の洋南大学進学、金城や待宮とチームメイトに(SPARE BIKE含む)

 高校卒業後、荒北は大学に進学して自転車競技を続けています。

 他の箱根学園のチームメイトとは別の大学。
 千葉総北の金城や広島呉南の待宮と同じ洋南大学です。

 とても荒北が金城と同じ大学に進学できるとは思えないのですが、本人曰く「野生のカンで合格した」とのこと。

 2次試験もマークシートだったか、それともセンターの結果だけ見るタイプの試験だったのか……ある意味弱虫ペダル最大の謎と言えるでしょう。

 金城も待宮も因縁のある相手ではありますが、サッパリした性格の荒北ですから2人とも上手くやっているようです。

 番外「SPARE BIKE」では彼らをメインに据えた大学編も連載されています。

 相変わらずな荒北が読めてファンにはたまらない内容となっていますので、興味のある方は是非ご一読を。



コメント

タイトルとURLをコピーしました