「ブラッククローバー」ヤミ・スケヒロ(ヤミ団長)~悪魔をも滅ぼし得る闇魔法(技・一覧)とその強さ、活躍と名言など~

 今回は少年ジャンプの大人気漫画「ブラッククローバー」から、アスタたちが所属する「黒の暴牛」の団長「ヤミ・スケヒロ」(以下、ヤミ団長)について解説します。

 ヤミ団長は問題児揃いの落ちこぼれ魔法騎士団「黒の暴牛」を率いる団長です。

 日頃の生活態度に関しては何かと問題の多い人物ですが、他の魔法騎士団から拒絶された者たちを受け入れるなど面倒見は良く、また魔法騎士としての実力は王国屈指。

 本記事ではそんなヤミ団長のプロフィールや強さ(闇魔法・技)、人間関係や作中での名言などを中心にその魅力を語ってまいります。

「ブラッククローバー」ヤミ・スケヒロ(ヤミ団長)のプロフィール

基本プロフィール(年齢、誕生日、身長、血液型、声優など)

年齢28歳(初登場時)
誕生日9月17日
身長183cm
血液型O型
魔法属性
好きなものタバコ、威圧、面白いヤツ
出身地日ノ国
声優諏訪部順一

 ヤミ団長はクローバー王国魔法騎士団の一つで、主人公のアスタたちが所属する「黒の暴牛」の団長です。

 外見は筋骨隆々で眠たげな眼をした”輩(やから)”風の男性。

 実際、日頃の言動は輩そのものであり、ヘビースモーカーでギャンブル好き(しかも弱くてしばしば身ぐるみを剥がされている)、しかも重度の便秘持ちと、基本的にはダメなオッサンです。

 彼が率いる「黒の暴牛」は問題児揃いの荒くれ者集団。

 ヤミ団長は世間や他の魔法騎士団から弾かれた者たちを積極的に受け入れており、団員たちのヤミ団長に対する信頼は極めて厚いものとなっています。

元は日ノ国出身の異邦人(過去・漢字表記)

 ヤミ団長は元々日ノ国という外国の出身です。

 実家の家業である漁師を手伝って漁に出ていたところ、船が難破してクローバー王国に流れ着くことに。

 故郷にも帰れず、しばらくは盗賊の頭として活動していましたが、ある事件を切っ掛けに廃業。

 後の魔法帝であるユリウスにスカウトされ、彼が団長を務める魔法騎士団「灰色の幻鹿」に入団。

 魔法騎士団内でメキメキと頭角を現し、魔法騎士団「黒の暴牛」を立ち上げ団長に就任します。

 ちなみに、名前は祖国の漢字表記だと夜見介大と書くそうです。

その特殊な魔法属性からクリフォト完成のための生贄として囚われる

 魔導士の魔法属性は「火」「水」「風」「土」の四大元素かそれらから派生した属性となるのが一般的ですが、魔導士の中にはこうした原則に当てはまらない特殊な属性を持つ者が存在します。

 ヤミ団長もその一人で、その魔法属性は名前の通り「闇」。

 単純に「強い」というだけでなく、「金色の夜明け」団長・ウィリアムが持つ「世界樹」の属性と共に、冥府と現世を繋ぐ「クリフォトの樹」を完成させるために必要な特殊な力です。

 そのため作中ではクリフォト完成を目指す漆黒の三極性の襲撃に遭い、生贄として囚われの身になったこともありました。

 最終的にはヤミ団長は団員たちの活躍により無事に救出されています。


「ブラッククローバー」ヤミ・スケヒロの強さ(闇魔法・技)

悪魔にも届き得る冥域の力・闇魔法

 ヤミ団長は闇魔法の使い手です。

 闇魔法は周囲の物を引きつけ、吸収する性質を持つ、悪魔にも対抗することが可能とされる希少な「冥域」の属性。

 ヤミ団長は基本的にこの闇魔法を剣術と組み合わせて使用しています(理由は後述)。

 作中で使用している魔法・技は次の通り。

闇纏・無明斬り
闇を纏わせた飛ぶ斬撃。
魔法剣・闇纏(やみまとい)シリーズの基本形。

闇纏・黒刃
魔法の刃を生み出す魔法。リーチ調節可。

闇纏・次元斬り
無明斬りの強化版で次元そのものを切り裂く。

闇纏・次元斬り 彼岸
マナゾーンに至ったことで強化された次元斬り。

闇繭(やみまゆ)
闇の結界による防御技。

黒穴(くろあな)
ブラックホールのような穴を出現させ、相手の魔法を吸収して防ぐ技。

黒月(くろつき)
マナゾーンによって強化された黒穴。
周囲一帯の敵の魔法を無効化する。

闇纏・居合斬り
黒月によって相手を自分に引き寄せつつ放たれる必中の斬撃。

闇のけばく
闇の鎖による拘束技。

死突(しとつ)
マナゾーン状態で刀身に闇を凝縮し放たれる必殺の刺突。

闇魔法の欠点を卓越した剣術と氣を読む力でカバー

 闇魔法は威力こそ強力ですがスピードはほとんどなく、一般的な魔法属性のように魔法そのものを飛ばして攻撃するのには向いていません。

 そのためヤミ団長は、魔法を卓越した剣術と組み合わせることでこの欠点を克服しています。

 ヤミ団長は祖国・日ノ国の剣術を使いこなしており、技術的にどの位階にあるのかは分かりませんが、高い身体能力と身体強化魔法もあって、相当な実力を保持しているようです。

 また、ヤミ団長は「氣」と呼ばれる万物の呼吸を読む技術も有しており、これにより死角からの攻撃や不意の事故にも対処可能な「第六感」を獲得しています。

 ここまでくると、魔導士と言うよりゴリゴリの剣士が闇魔法で自分にバフをかけて戦っているイメージかもしれませんね。


「ブラッククローバー」ヤミ・スケヒロとシャーロット

 ヤミ団長と言えば「碧の野薔薇」の団長であるシャーロット・ローズレイとのカップリングがファンの間では有名です。

 とは言え、二人は付き合っているわけではなく、シャーロットの一方的な片思いでヤミ団長は彼女の想いに気づいてもいません。

 シャーロットがヤミに想いを寄せるようになった切っ掛けは彼女にかけられた呪詛。

 この呪詛は18歳になると「時の檻」と呼ばれる檻に閉じ込められてしまうというもので、シャーロットは自分を鍛えることでこの呪いを克服しようとしていましたが、残念ながら魔法は発動し、茨が街中を覆いつくしてしまいます。

 そこに現れたのがヤミ。

「強えー女は好きだぜ?」
「だがたまには誰かにたよってもいんじゃねーの?」

 そのヤミの言葉に解除される呪い。

 実はこの呪い、誰かに心を奪われることが唯一の解呪方法だったのです。

 以降、ヤミに想いを寄せることになるシャーロットですが、素直でない彼女は延々とツンデレを繰り返しており何年にも渡って一切進展なし。

 221話ではとうとう自分の気持ちを認め、団員たちの前で、

「私はヤミのことが好きなのだぁぁぁー!」

 と宣言しており、一歩前には進んだようですが……

「ブラッククローバー」ヤミ・スケヒロの名言

 ヤミ団長と言えば、その男らしい言動で人気のキャラクター。

 最後に彼の名言をいくつか紹介して、シメとさせていただきます。

「今ここで限界を超えろ」

 ヤミ団長がアスタたち団員たちに窮地において何度もかけてきた言葉。

 それはいつもとんでもない無茶ぶりでしたが、仲間たちに対する信頼の証であり、彼らを大きく成長させてきました。

「テメーはテメーの護りてぇもん」
「護ってやいいさ」
「いつかそれが誰かの為になる」

 団員で元犯罪者のゴーシュ。

 妹のために脱獄を企てたゴーシュを捕縛しに来たヤミ団長が、ゴーシュを「黒の暴牛」にスカウトした時の言葉がこれです。

 気に入った人間は何であれ受け入れるヤミ団長の”らしさ”が良く表れた言葉ですね。

「オレそいつ嫌いなんだわ」
「誰が言うこと聞くか」
「ブッ潰してでも」
「好きにさせてもらうぜ」

 かつて魔女王に幽閉され、彼女の下で一生を終えることを自分の運命と諦めていたバネッサ

 そんな彼女の前に現れた若き日のヤミ団長は、その檻を打ち砕きます。

 バネッサは彼の背に憧れ、彼について外の世界へ飛び出したのでした。

「ダメだ」
「オレだけじゃ勝てねーわ」
「オマエがいねーと勝てねぇぞ」
「アスタ」

 漆黒の三極性の一人、ダンテとの死闘の中で発した一言。

 最大級の信頼が込められたこの言葉に奮起したアスタは立ち上がり、ヤミと共にダンテと戦い、見事撃破するのでした。



コメント

タイトルとURLをコピーしました