「ダンまち」ティオネ・ヒュリテ~フィンへの恋心と前世からの因縁、その二つ名と強さ(レベル・ステータス)など~

 今回は人気ファンタジー「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(以下「ダンまち」)」から、ヒュリテ姉妹の姉「ティオネ・ヒュリテ」について解説します。

 ティオネ・ヒュリテは妹のティオナと共に「ロキ・ファミリア」に所属するアマゾネスの第一級冒険者。

 団長のフィンに強烈な恋心を抱いており、作中では周囲がドン引きするほどの猛烈なアタックを繰り返えしています。

 本記事ではそんなティオネのプロフィールや強さ、フィンとの関係性などを中心に解説してまいります。

「ダンまち」ティオネのプロフィール

基本プロフィール(年齢・二つ名・声優など)

 ティオネ・ヒュリテは妹のティオナと共にオラリオ最強派閥の一角「ロキ・ファミリア」に所属するアマゾネスの第一級冒険者。

 褐色の肌と長い黒髪、豊満な胸部装甲が特徴の美少女で、年齢は17歳。

 妹のティオナとの見分け方は、髪の長さ(ティオネ:長い、ティオナ:短い)と胸(ティオネ:たゆんたゆん、ティオナ:絶壁)です。

 ロキ・ファミリア団長のフィンに強烈な好意を寄せる恋する乙女。

 性格は一見落ち着いているように見えますが、これはフィンの好みに寄せるため猫を被っているだけであり、本質はとてもキレやすくて苛烈。

 戦闘でダメージを受けた時だけでなく、フィンに女が近づくと周囲がドン引きするほどのキレっぷり・暴走を見せています。

 神々から名付けられた二つ名は「怒蛇(ヨルムガンド)」。

 これは恐らく、狂戦士としてのティオネの本質、そして追い詰められ怒るほどに力を増す彼女のスキル(後述)に由来しているものと考えられます。

 声優は髙橋ミナミさんが担当。

元「カーリー・ファミリア」出身のアマゾネス

 ティオネとティオナは元々アマゾネスの聖地とも呼ばれる陸の孤島・闘国(テルスキュラ)の出身。

 国家系ファミリア「カーリー・ファミリア」の眷属として育ちました。

 カーリー・ファミリアには眷属同士互いに殺し合うことで研鑽を積むという凄惨な風習があり、仲間たちと殺し合う命懸けの日々を送っていたティオネたち。

 LV2へのランクアップの儀式として姉のように慕っていたセルダスを殺したことは、今でもトラウマになっているようです。

 その後、LV3へのランクアップの儀式をティオナと行うことになりますが、ティオナは殺し合いを拒否。

 姉妹でカーリーに懇願し、闘国(テルスキュラ)出国を許可されたティオネたちは、オラリオに辿り着き「ロキ・ファミリア」に入団することになります。

 アイズレフィーヤたち良き友人との出会いもあり、ティオネは以前とは比べ物にならないほど明るくなったそうです。


「ダンまち」ティオネの強さ(レベル・スキル)

LV6に到達、双剣と肉弾戦を駆使する狂戦士

 ティオネはククリナイフ型の双剣と肉弾戦を得意とする典型的な前衛戦士です。

 初登場時はLV5でしたが、59階層への遠征を経てティオナやベートらとともにLV6へランクアップしています。

 以下は、判明しているLV5時点の最終ステータスです。

<基本アビリティ>
A824
耐久B769
器用B781
敏捷B785
魔力G207
<発展アビリティ>
【拳打:G】【潜水:G】【耐異常:H】【治力:I】
<魔法>
【リスト・イオルム】・束縛魔法。
・一定確率で効果対象を強制停止。
・成功確率は魔力値依存。
<スキル>
【憤化招乱(バーサーク)】
・損傷を負う度、攻撃力が上昇する。
・怒りの丈により効果上昇。
【大反攻(バックドラフト)】
・瀕死時における『力』の超高補正。

 ステータスは力がやや高めで魔力が低いバランス型の前衛。

 普段は双剣を振るって器用に立ち回っていますが、一度キレると武器を捨てて肉弾戦を挑む狂戦士です。

 妹のティオナと比べると身体能力は若干劣っていますが、妹と違い魔法が使えるのが特徴。

 拘束魔法である【リスト・イオルム】は成功率が魔力値依存となっており、必ずしも使いこなせているとは言えませんが、一度決まれば対象を強制停止(リネトレイト)状態にする強力な魔法。

 階層主にも10回に1回程度は成功するそうなので、切り札、あるいは駆け引きの為の見せ札としては十分でしょう。

追い詰められるほど力を増す二つのスキル

 ティオネとティオナは共に「追い詰められてからが最も強い」と評されています。

 その理由は彼女たちが持つスキル。

 共に似通った二つのスキルを保有しており、ティオネの場合はダメージを負い、怒るほどに攻撃力を増す【憤化招乱(バーサーク)】と、瀕死時に「力」が大幅にアップする【大反攻(バックドラフト)】。

 ティオナとの違いは「怒りの丈」による効果の変動の有無と、バフの対象が攻撃に特化していること。

 本質に「怒り」を秘めたティオネと、明るいティオナの違いをよく現していると言えるでしょう。


「ダンまち」ティオネとフィン

自分を打ち負かした雄=フィンに暴走アプローチ

 ティオネがフィンに恋心を抱いた切っ掛けは、ファミリア入団の際のフィンとの戦い。

 本編開始5年前、オラリオに辿り着いたティオネたちは、数多のファミリアから勧誘を受け、自分たちと勝負して倒したファミリアに入団するという条件を付けて、数々の冒険者たちと勝負を繰り広げていきます。

 そして多くの冒険者を返り討ちにしていくティオネたちの前に最後に現れたのがフィン。

 当時すでにLV6だったフィンは圧倒的な実力差でティオネ(LV3)を撃破。

 ティオネたちはロキ・ファミリアに所属することになったのですが……実はアマゾネスには強い雄に好意を抱くという性質がありました。

 自分を打ち負かした雄=フィンに強烈な好意を抱くようになったティオネは彼に猛アタックを開始。

 フィンの好みに合わせて普段の正確もかなりお淑やかなものに変化し、フィンに近づく他の女を悉く排除するように。

 普段はフィンに尽くす献身的な少女を演じていますが、しばしばタガが外れ、フィンを酔い潰したり力づくで襲おうとしたり、時に薬を盛ってコトに及ぼうとしたりして周囲をドン引きさせています。

前世(三千年前)から変わらぬ関係性

 ティオネの前世は「メモリア・フレーゼ」などで約三千年前に存在したアマゾネスの暗殺者エルミナであることが示唆されています。

 エルミナの物語は主に「アルゴノゥト」で描かれていますが、その後の物語である「ナイツ・オブ・フィアナ」にも最終盤で登場。

 フィンの前世と思われるディム(=仮面の騎士フィンと名乗る)の前に現れ、復讐を終えて死を望んでいたディムを殺そうとします。

 しかし戦いの中でフィアナとの誓いを思い出し生きる気力を取り戻したディムによってエルミナは返り討ちに。

 その結果、エルミナは初めて自分を倒した雄であるディムに好意を抱き、彼にもうアプローチをしかけるようになります。

 つまりティオネとフィンの関係は三千年前の古代から何も変わっていない、ということですね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました