「ダンまち」ティオナ・ヒュリテ~二つ名の由来とその強さ(レベル・スキル)、過去と前世など~

 今回は人気ファンタジー「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(以下「ダンまち」)」から、ヒュリテ姉妹の妹「ティオナ・ヒュリテ」について解説します。

 ティオナ・ヒュリテは姉のティオネと共に「ロキ・ファミリア」に所属するアマゾネスの第一級冒険者。

 明るく天真爛漫なおバカ系美少女で、作中では主人公であるベル・クラネルに好意を抱いていきます。

 本記事ではそんなティオナのプロフィールや過去、強さ(レベル、スキル)、前世とされる占い師オルナを中心に解説してまいります。

「ダンまち」ティオナのプロフィール

基本プロフィール(年齢・二つ名・声優など)

 ティオナ・ヒュリテは姉のティオネと共にオラリオ最強派閥の一角「ロキ・ファミリア」に所属するアマゾネスの第一級冒険者です。

 褐色の肌をした明るく活発な雰囲気の美少女で、年齢は17歳。

 姉のティオネとの見分け方は、髪の長さ(ティオナ:短い、ティオネ:長い)と胸(ティオナ:絶壁、ティオネ:たゆんたゆん)で、胸に関しては本人もコンプレックスに思っているようです。

 性格は善良かつ天真爛漫なおバカキャラ。

 単純故に直感的に物事の本質を捉えることが上手く、心の整理も速く恨みや憎しみで判断を誤ることがありません。

 ちなみにアマゾネスとしては珍しくあまり性には興味が無いタイプ。

 神々から付けられた二つ名は「大切断(アマゾン)」。

 その由来は彼女の種族でもあるアマゾネス(ギリシャ神話ではアマゾーンとも)、あるいは仮面ライダーアマゾン(必殺技が「大切断」)と言われています。

 声優は村川梨衣さんが担当。

元「カーリー・ファミリア」出身のアマゾネス

 ティオナとティオネは元々アマゾネスの聖地とも呼ばれる陸の孤島・闘国(テルスキュラ)の出身。

 国家系ファミリア「カーリー・ファミリア」の眷属として育ちました。

 カーリー・ファミリアには眷属同士で殺し合って研鑽を積むという風習があり、幼い頃のティオナは死んだような目をして延々と闘技場でモンスターや同族と命懸けの戦いを繰り広げていたそうです。

 そんな彼女が変わった切っ掛けは、捨てられていた古代の英雄譚「アルゴノゥト」の紙片を拾ったこと。

 そこに書かれた物語にのめり込んだティオナは文字を学び、カーリーに新しい本をねだっては読んでを繰り返し、どんどん明るくなっていきました。

 なお、この時対照的に姉のティオネはどんどん荒んでいき、ティオナはそんな姉を見かねて代わりに儀式を受け、姉の代わりに手を汚していたそうです。

 そしてある日、LV3昇華のための儀式をティオネと行うことになりますが、彼女ら姉妹はそれを拒否。

 カーリーに懇願して国を出奔、オラリオに辿り着くことになります。

 そこで彼女たちは「自分たちを倒した者のファミリアに入る」と言って勧誘に来た冒険者たちを次々返り討ちに。

 最終的にティオナはガレス、ティオネはフィンに敗北し、ロキ・ファミリアへと入団しました。

 ちなみにティオネは強い雄を求める本能からフィンに強い好意を抱くようになりますが、流石にティオナはそんなことはなかったようです。

 ファミリア内では特にアイズレフィーヤたちと仲が良く、作中ではプライベートでよく行動を共にしている様子が描かれています。


「ダンまち」ティオナの強さ(レベル・スキル)

LV6に到達、魔法の使えない純パワーファイター

 ティオナは大剣型のダブルブレード「大双刃(ウルガ)」を振るうパワーファイターです。

 初登場時はLV5でしたが、59階層への遠征を経てティオネやベートらとともにLV6へランクアップしています。

 以下は、判明しているLV5時点の最終ステータスです。

<基本アビリティ>
A889
耐久A867
器用B778
敏捷A801
魔力I0
<発展アビリティ>
【拳打:G】【潜水:G】【耐異常:H】【破砕:I】
<魔法>
なし
<スキル>
【狂化招乱(バーサーク)】
・損傷を負う度、攻撃力が上昇する。
【大熱闘(インテンスヒート)】
・瀕死時における全アビリティ能力高補正。

 ロキ・ファミリアの幹部陣の中では唯一魔法を発現しておらず、その「魔力」は「0」。

 しかしそれ以外のステータスはバランスよく高く、身体能力に関しては同格のアイズやティオネ、ベートを上回っています。

 その戦闘スタイルは典型的なパワーファイター。

 「大双刃(ウルガ)」に超重量の一撃は、超硬金属(アダマンタイト)の破壊すら可能とされています。

 ちなみに「大双刃(ウルガ)」はその性能に相応しく非常に高価(1億2千万ヴァリス)。

 作中では少なくとも2本の「大双刃(ウルガ)」がおしゃかになっており、彼女の借金額はヘスティア・ファミリアの借金額(2億ヴァリス)を超えるのではとも予想されています。

姉と同じ「追い込まれてから強い」二つのスキル

 ヒュリテ姉妹は共によく似た二つのスキルを保有しており、追い込まれてからが一番強いと評されています。

 一つ目のスキル【狂化招乱(バーサーク)】はダメージを受けるほど攻撃力がアップするというもの(ティオネは怒りの丈により効果が変動)。

 そして二つ目のスキル【大熱闘(インテンスヒート)】は瀕死時に全能力がアップ(ティオネは情報アビリティが「力」に特化)。

 とにかくダメージを受けてからが強いスキルなので、敵によってはわざと大ダメージを受けてから反撃するという戦法をとることもあるそうです。

 アマゾネスらしく頭おかしいですね。

 敵からすればダメージを与えるほどティオナが強くなっていくので、倒しきらなければという焦りが生じ、特に対人戦ではカタログスペック以上に厄介な存在なのではないでしょうか。


「ダンまち」ティオナとベル・クラネル

 ティオナは主人公のベル・クラネルをお気に入りの英雄譚「アルゴノゥト」のようだ(前世なので)と言って気に入り、好意を抱いています。

 今のところティオナ本人があまり男に興味が無いこともあってか、ベルに対する感情は恋愛感情というよりファンとしての好意。

 応援している、と言うのが一番近いイメージですね。

 ただ全くベルを異性として意識していないかと言えばそんなこともなく、ベルに抱き着いてその反応を楽しんでいたことも。

 好みのタイプは「種族はヒューマンで歳は同年代か年下」だそうなので、何か切っ掛けがあれば一気にベル争奪戦に名乗りをあげることになりそうです。

「ダンまち」ティオナの前世(メモリア・フレーゼ)

 「メモリア・フレーゼ」ではティオナの前世が三千年前の古代の占い師にして古代三代詩人の一人「語り部のオルナ」であることが示唆されています。

 「アルゴノゥト」におけるオルナは、当初全く笑わず厭世的な女性。

 当初、主人公であるアルゴノゥトにも冷ややかな態度を取っていましたが、アルゴノゥト(ベルの前世)のクソ天然タラシ発言を切っ掛けに彼に好意を持つようになります。

 表向きの種族はアマゾネスで、最強の女戦士エルミナ(ティオネの前世)の妹ということになっていましたが、実はオルナは肌が褐色なだけのただのヒューマン。

 「アルゴノゥト」の正ヒロインであるアリアドネ王女(アイズの前世)の異母姉「オルナティア・ラクリオス」というのが真の名前でした。

 今世の人間関係ともかなり密接にリンクしていますね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました