「ハイキュー‼」松川一静~日向をして最もイヤと言わしめた青葉城西のブロッカー、及川らとの関係、その後の進路、声優など~

 今回は週刊少年ジャンプの傑作バレーマンガ「ハイキュー‼」から、作中で異様な存在感を放った青葉城西のブロッカー「松川 一静(まつかわ いっせい)」について解説します。

 松川は及川率いる青葉城西の3年生レギュラー。
 華々しい活躍こそありませんが、高いブロックセンスと安定感で及川を支え、主人公たち烏野高校を苦しめました。

 理想的な信頼関係でチームメイトと結ばれ、青葉城西箱推しとしても人気の高い松川。

 本記事では及川や花巻らチームメイトとの関係やその後の進路などを交えて、松川の魅力について深掘りしてまいります。

「ハイキュー‼」松川一静ってどんな奴?(声優含む)

引用元:amazon

基本プロフィール(身長、誕生日、最高到達点、声優など)、あだ名は?

所属青葉城西高校3年1組
ポジションミドルブロッカー
誕生日3月1日
身長187.9cm
体重73.8kg
最高到達点331cm
好物チーズINハンバーグ
最近の悩み制服が似合わないって言われる
声優祐仙勇

 松川一静は及川徹率いる宮城県屈指の強豪校、青葉城西高校の3年生レギュラー。

 外見は癖っ毛とアヒル口、眠たそうな目元が特徴で、かなりの老け顔。
 悩みにも「制服が似合わないって言われる」とあるように、あまり高校生らしくない落ち着いた雰囲気を漂わせています。

 性格は飄々としていて冷静。
 作中では難しい場面でも対戦相手のことをよく観察し、的確な対処方法を提案していました。

 及川の相棒である岩泉のように詳しい過去が語られている人物ではありませんが、主将の及川に対する信頼感は絶大なものがあります。

 あだ名は「まっつん」ですが、この呼び方をしているのは及川だけのようです。

強烈な圧力で日向をして”すっげーイヤ”と言わしめたブロッカー

パワー4
バネ2
スタミナ4
頭脳3
テクニック3
スピード3

※表は最低1~最高5の5段階評価

 松川一静は長身と安定したパワー、スタミナを武器としたバランスの良いブロッカーです。

 その最大の武器は強烈な圧力を伴ったブロック。

 作中ではスパイクを打つ日向のクロスを塞ぎ、ストレートに打たせることで味方と連動して日向たちの移動攻撃を攻略しています。

 また、影山と日向の神業速攻と普通の速攻の見分け方についても「ボールを長く目で追ってれば普通の速攻、ただ突っ込んでくる時は神業」と的確に分析しており、観察力も優れているようです。

 後に(稲荷崎戦の際)日向をして”すっげーイヤ”なブロッカーとして語られており、日向のブロックの手本にもなっています。

 攻撃面でも決して目立った活躍があるわけではありませんが、難しい場面で安定してスパイクを決めており、攻防ともに隙のない選手と言えるでしょう。


「ハイキュー‼」松川一静の人間関係(及川・花巻)

及川に向ける信頼感

 松川は青葉城西高校のメンバーの例に漏れず、及川に向ける信頼感には絶大なものがあります。

 ただあまりそれを表に出すタイプではないので時には及川に対してキツメの毒舌を吐くことも。

 烏野戦では冷静に影山の欠点を分析する及川に対して、

「やっぱお前とはトモダチになりたくねーな」(松川)
「なんで!」(及川)
「弱みとか握られそうじゃん」(松川)

 まあ、こうやって真っ向から毒を吐けるのも信頼感あってこそでしょう。

 それにそんな松川だからこそ、不意に及川に対して発する言葉にはジンとくるものがあります。

「信じてるぞキャプテン」

 ……良いです!

作中では花巻とコンビで扱われることが多い

 作中では行動を共にすることが多く、コンビのように扱われるているのが同じ3年生レギュラーの花巻です。

 青葉城西はレギュラー同士が及川と岩泉、金田一国見などコンビで行動していることが多く、必然的に残った松川と花巻がコミュニケーションを取ることが多くなった印象でしょうか。

 特別な過去や関係性が語られているわけではありませんが、試合中はこの二人の相談で話が進むことも多く、引退後も二人で行動を共にしていることが多かったですから、実際に仲は良いのでしょうね。

 この際、スピンオフとかでもいいので、この二人メインのエピソードを入れてくれませんかね?


「ハイキュー‼」松川一静の活躍と名言、その後の進路

卒業後は地元宮城で葬儀屋に勤務

 高校卒業後、松川はバレーを引退して地元宮城で葬儀屋に勤務しています。

 葬儀屋……うん、何か物凄い似合ってる。

 作者が「最終話まで来て、作中1、2を争う非現実感のある奴だと思った。他の漫画で主役やれそう」と評していましたが……「葬儀屋・松川一静」とか青年漫画で誰かスピンオフ描いてくれませんかね?

 高校卒業後も青葉城西メンバーの友情は健在なようで、2021年の東京オリンピックではアルゼンチン代表になった及川のことをTVの前で応援していました。

「スケールが違うんじゃいスケールが」

 ドヤ顔で及川を誇る松川たちは実に良いです。

作中で見せた異様な存在感、その活躍と名言

 それでは最後に、松川の作中での活躍をその名言と共に振り返っていきましょう。

 烏野高校対青葉城西の一戦。

 予測不可能な日向と影山の変人速攻に翻弄される青葉城西ですが、松川は慌てることなく冷静にそれに対処します。

「こっち(クロス)には打たないでね? 打てないよね?」

 日向の移動攻撃に対し食らいつき、ブロックで止めるのではなく、冷静にコースを絞って味方レシーバーに拾わせる。

「うまい事コース絞れれば拾えるな」

 烏野高校最大の武器を、何てことのないように攻略してのけたわけです。

 日向のスパイクにはパワーがなく、コースの打ち分けも上手くありませんから、非常に有効な対処法でした。

 こうした”上手い”ブロックが、後々の日向の手本にもなっていきます。

 また、是非読んでいただきたいのがコミックス17巻の番外編。

 そこでは春高予選で敗北し、部活を引退する青葉城西高校3年生が最後にミニゲームをする姿が描かれています。

 ミニゲームが終わり、解散しようとした時、及川の発した、

「3年間ありがとう!」

 これには普段感情を表に出さない松川も号泣。

 青葉城西高校の関係性と良さが表れた非常に良いシーンでした。



コメント

タイトルとURLをコピーしました