「呪術廻戦」ミゲル~百鬼夜行MVPを勝ち取った男、その強さ、現在の行方、敵か味方か~

 今回は「呪術廻戦」から、作中最強「五条悟」の足止めという偉業を成し遂げた男「ミゲル」について解説していきたいと思います。

 ミゲルは前日譚「東京都立呪術高等専門学校」で敵として登場したキャラクター。
 登場シーンは決して多くなく、本編では扉絵などで一瞬その姿が描かれているだけの脇役です。

 本記事では、本編で五条悟の強さが明らかになる度ファンの間で株を上げ続け、再登場が期待されるミゲルの強さと現在を中心に語っていきたいと思います。

呪術廻戦、ミゲルってどんな奴?(声優未定)

コミックス0巻で敵対した夏油一派の切り札

 ミゲルはコミックス0巻、本編の前日譚である「東京都立呪術高等専門学校」において、敵である夏油一派の一員として登場したキャラクターです。

 国籍は不明ですが、恐らくアフリカ系の黒人で、海外で呪詛師をしていたところを夏油傑にスカウトされ日本にやってきました。

 前日譚のクライマックスである百鬼夜行の際には、夏油から五条悟の足止め(しかも10分以上)という無茶ぶりを押し付けられ、見事五体満足でそれを成し遂げた実力者

 ちなみに、五条から「ボビー・オロゴンみたいな話し方」と称されたため、ファンからはボビーの愛称で呼ばれることもあるようです。

本編での登場回はほとんどないが、五条悟のせいで株が爆上がり

 ミゲルは前日譚後に五条に捕まり、乙骨と共に海外に派遣されてしまったため(詳細は後述)、今のところほとんど本編には登場していません。

 辛うじて姿が確認できたのは、コミックス4巻33話の扉絵(アフリカらしき場所にいる乙骨とミゲル)と、145話の乙骨の回想、どちらも一コマだけの登場です。

 にもかかわらず、本編が進むにつれてファンの間ではミゲルの株が爆上がり。
 本編で五条悟の最強ぶりが披露される度、五条と渡り合ったミゲルの凄さが相対的に高まっているんですよね。

呪術廻戦、ミゲルの強さ(能力、術式など)

百鬼夜行で五条悟を足止めしたMVP(強い!)

 ミゲルの強さは具体的にどれほどのものなのか?

 百鬼夜行の際、ミゲルは夏油から五条悟の足止めをまかされ、それを10分以上に渡ってたった一人で成し遂げています。

 これを他の例と比較すると、渋谷事変では特級呪霊である漏瑚、花御、真人、そして特級相当の脹相の四人で時間稼ぎを行っていますが、約30分が限界でした。

 ミゲルが漏瑚たちとは違ってある程度逃げに徹しており、後述する呪具の補助があったことを加味しても、その実力が一級の最上位クラスなのは間違いないでしょうね(特級はまた別格)。

 ミゲルの術式に関しては不明ですが、体術や呪力操作に関しては五条に対抗できていたことから相当なレベルです。

 後述する呪具の性質を考えると、術式を持っていない、あるいは持っていても戦闘に使えない可能性もありそうですね。

特級呪具:黒縄(こくじょう)とは?

 ミゲルが五条悟に対抗できていた最大の理由は、彼が持つ呪具の特殊性にあります。

特級呪具:黒縄(こくじょう)
あらゆる術式効果を乱し、相殺する力を持つ黒い縄。
一本を編み込むのにミゲルの母国の術師が何十年もかける必要がある希少な品。

 これによりミゲルは五条悟の無下限呪術さえ相殺し、かすり傷ではありますがダメージを負わせることに成功しています。

 時間稼ぎができたのは、五条がこの呪具の効果を警戒した、というのも大きいかもしれません。

 非常に希少かつ便利な呪具ではありますが、五条との戦いで全て消滅してしまっています。

 ちなみに、作中では何の言及もありませんが、あらゆる術式効果を乱すということですから、所持していると術式が使えなくなるといったデメリットとかありそうですね。

呪術廻戦、ミゲルの現在は?

乙骨憂太とともに黒縄を求めて故郷へ

 本編において、ミゲルは五条悟に捕まり、乙骨とともに海外に派遣されています。

 その目的は黒縄の残りを探すため。

 ミゲルの故郷を訪れたミゲルと乙骨でしたが、これについては完全な無駄足。
 黒縄はもう存在しないことが判明しています。

 何か月も海外に行っていましたから、色んな部族を巡ってたんでしょうね。

 ちなみに、京都交流会前のタイミングで五条は乙骨たちに会いに行っていますが、ミゲルは五条には会いたくないと逃げています。
 よっぽどトラウマだったんでしょうね。

現在は乙骨と別行動、再登場の可能性は? 敵なの? 味方なの?

 渋谷事変後、乙骨は日本に戻ってきていますが、その横にミゲルの姿はなく、別行動をとっているようです。

 黒縄を探すためだけの契約だったのか、五条が封印されてこれ幸いと逃げたのか、あるいは引き続き協力しているのか、現在の動向は分かっていません。

 夏油亡き今、敵対していないことは確か。
 かたき討ちとかそんなことを考えるタイプじゃなさそうですしね。

 ただ、乙骨たちに積極的に味方をする理由もありませんし、このままフェードアウトする可能性も高そうです。

 五条が封印されている現状は、ミゲルにとって願ったり叶ったりでしょうしね。

 再登場の可能性があるとすれば、夏油を羂索から解放するとか、そんな感情的な理由で動く場合ぐらい。

 羂索を探して別行動をとっているという可能性は、ワンチャンあるかもしれませんね。

【まとめ】「呪術廻戦」キャラクター考察wiki

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました