「呪術廻戦」禪院真依(ぜんいんまい)~初恋相手が気にかかる実はかわいい真希の妹、その死亡理由、声優は~

 今回は言わずと知れた大人気漫画「呪術廻戦」で二面性のある美人「禪院 真依(ぜんいん まい)」について紹介したいと思います。

 禪院真依は主人公たちのライバルとして、いかにもな悪役ムーズをかまして登場したキャラクター。しかしその立場や双子の姉、真希への鬱屈した感情が明かされるにつれ「あれ? こいつ結構かわいいじゃん」とイメージが一転したキャラクターでもあります。
 それでは、そんな二面性のある禪院真依の魅力について深掘りしていきましょう。

呪術廻戦、禪院真依ってそもそもどんな奴?(ネタバレ注意)

基本プロフィール(声優含む)

誕生日1月20日
所属京都府立呪術高等専門学校2年
趣味・特技サボテン
ストレス東堂
声優井上麻里奈

 禪院真依は呪術高専京都校に所属する主人公たちのライバルとして、また禪院真希の因縁ある双子の妹として登場しました。

 外見はいかにもカッコよくモテそうな雰囲気の美人。
 初登場時は短めのボブカットでしたが、途中から更に短めのショートカットになっています。これは単に作者が髪型にしっくり来ていなかったので変えただけらしいですね(この作者、本当にこんな理由でよくコロコロ髪型変えますよね)。

 性格は毒舌でナチュラルに人を煽るタイプ。ただ、意外と仲間に対しては面倒見が良いようで、東堂の世話をよく押し付けられています(気の毒に)。

 初登場でいきなり釘崎と犬猿の仲になっていますが、虎杖の件、そして釘崎が先に真希の舎弟に収まっていなければ、普通に釘崎とも仲良くやれていたんじゃないでしょうか。

 ちなみに、名前の由来は字の意味そのまま(姉の真希も一緒)とされており、実はとても依存心が強くか弱いキャラクターでもあります。

 だからこそ、余計に真希に対してはとげとげしい態度をとるのでしょう(詳細は後述)。

呪術師としては弱い? 術式:構築術式とは?

 さて、そんな風に態度も大きく、呪術師御三家禪院家の令嬢でもある真依ですが、実は呪術師としては落ちこぼれの部類に入ります。

 等級は3級術師、下から二番目。1級や特級の呪霊がゴロゴロ出てくるこの作品では、正直かなり見劣りします。

 真依が落ちこぼれとされる理由は、彼女の術式にあります。
 呪術師はその血筋に伝わる相伝の術式を受け継ぐことが多いのですが、真依の術式は相伝のものではありません。

術式:構築術式
術者の呪力を元に無から物質を構築する。
術式終了後も、構築された物質は消えずに残る。
呪力消費が激しく身体への負担も大きいため、真依では1日に銃弾1発を作るのが限界。

 銃弾1発しか作れない能力って微妙ですよね。
 真依はこれを隠し玉として使っていて、(作中でははっきりとは明言されていませんが)表向きは術式を持たないことになっているようです(少なくとも真希は知らない)。

 真依の戦闘スタイルは、リボルバー式の銃(モデルは冴羽獠が使ってるやつ=コルトパイソン)に呪力を込めて戦うもの。弾数でブラフをはって、構築術式で不意を突くというものなのですが……正直微妙。

 射程は長いし命中精度は高いようなので、対人戦、あるいはサポーターとしてなら十分戦えるんでしょうけど、強敵相手にはどうでしょうね。

 ちなみに、身体能力は作中で登場する学生の中で一番低いようです(10段階評価で4)。


呪術廻戦、禪院真依の人間関係(死亡理由含む)

双子の姉、真希との関係(禪院家での扱い)、真希に呪具を残して死亡

 双子の姉、真希との関係は表向き最悪。真依は真希のことを呪力も持たない落ちこぼれと馬鹿にしています。

 しかし、幼い頃は真依と真希は非常に仲の良い姉妹でした。それが変わったのは真希が実家を飛び出してから。

 呪力を持たない真希と(表向きor相伝の)術式を持たない真依は、禪院家では落ちこぼれとして扱われ、宗家の血筋ながら雑用係をさせられていました。
 真希はそんな境遇に不満を持ち、自分が禪院家の当主になると宣言して家を飛び出したのですが、それは真依にとって裏切りそのものでした。

 幼い頃「自分を一人にしない」と約束してくれた真希。
 真希が一緒に落ちぶれてくれれば、禪院家での扱いにも耐えることができたのに。
 呪術師になんてなりたくなかったのに、真希がいなくなったから、自分も頑張らざるを得なくなった。

 交流戦編、真希との戦いの中で真依は自分の想いを吐露しますが、それまでの強気なイメージを一変させたか弱いその姿は、ギャップとなって読者の心を掴んだことでしょう。

 いつか真希と和解してくれればと期待されていましたが、渋谷事変後、真依は真希と共に禪院家の家督争いに巻き込まれ父親の扇に殺されそうになります。

 このままでは2人とも死んでしまうと理解した真依は、命を燃やして真希に力を残し、死んでいきます

 最期に「全部壊して」と真希に呪いをかけて。

 その詳細は、真希の紹介記事に記載しておりますので、ここでは省略させていただきます。

京都校のメンバーとの関係

 京都校のメンバーとの関係は(多分)良好です。

 少なくとも、西宮や三輪といった女性陣とは休みの日に買い物に行く仲。作中でも女性陣に関しては堅い結束が見て取れます。

 微妙なのは男性陣。メカ丸はよく分からないから除くとしても、加茂は常識人のようでナチュラルに人の地雷を踏み荒らしていくタイプなので、真依との会話は結構ギスギスしています。まあ、それでも仲間意識はあるようなので、本当に仲が悪いわけではないのでしょうが。

 更に微妙なのが東堂。東堂なので仕方ないと言えば仕方ないのですが、真依はその世話係を任されることが多いせいか、相当ウンザリしている様子。交流戦編の野球では東堂がデッドボール喰らったら大喜びしてましたしね(真依だけでなく京都校のみんなも)。

 とは言え、面倒見が良くて依存心が強い真依のこと。京都校のメンバーのことは(東堂はともかくとして)みんな大切に思っているはずです。


呪術廻戦、禪院真依の初恋は伏黒?

 さて、真依と言えばその初恋相手が誰かが話題となりました。

 交流戦編で、真希に「初恋相手も術式も教えていない」と独白したのがその切っ掛け。
 ファンの間では当初から伏黒恵説が有力でしたが、ファンブックでもそれを裏付けるように「多分伏黒、次点で知らない人、大穴で真希」と作者からのコメントがありました(ひょっとしたら、まだ作者が決めていないという可能性もありますが)。

 しかしここで伏黒が相手だとすれば、一つ問題が。
 ファンブックで伏黒が女子から告白されたらどう断りますか、という質問に対する作者の回答は、

「ごめーーーーーん!!!」

 あまり伏黒のキャラっぽくないですよね?

 実はこれ、保護者の五条悟が妨害して断ってるんじゃないの、という説がファンの間ではまことしやかに流れています(アニメのおまけでもこれを裏付ける言動が)。

 とすれば、実は真依は昔、伏黒に告白しようとして五条に妨害されて失敗した過去があるんじゃないか、という推測が……

 いや、多分ネタだとは思うんですが、今後本編でその辺りに触れるようなエピソードがあると面白そうですよね。

【まとめ】「呪術廻戦」キャラクター考察wiki



コメント

タイトルとURLをコピーしました