「呪術廻戦」加茂憲紀~次期御三家当主にして史上最悪の呪術師と同じ読み方の名を持つ不遇の男、目は閉じてる?~

 今回は言わずと知れた大人気漫画「呪術廻戦」から、常識人そうに見えて実は天然、「加茂憲紀(かも のりとし)」について紹介したいと思います。

 加茂憲紀は呪術高専京都校に所属する主人公たちのライバルキャラであり、京都校のリーダー格。本編では名前に関する伏線がはられたり、アニメでは幼少期と合わせて2人も声優さんが付いたりと、地味ですが、不思議な存在感のあるキャラクターとなっています。

呪術廻戦、加茂憲紀ってそもそもどんな奴?(ネタバレ注意)

基本プロフィール(声優含む)、目は糸目なだけ

誕生日6月5日
所属京都府立呪術高等専門学校3年
趣味・特技勉強(TOEIC900点台に挑戦中)
ストレス東堂
声優日野聡、川井田夏海(幼少期)

 加茂憲紀は交流会編から登場した京都校に所属する準1級術師。
 3年生であり、御三家の一つ加茂家の次期当主ということもあって、京都校のメンバーの中ではリーダー的な役割を果たしています(実力的には東堂がぶっちぎりなんですが、東堂は東堂なので)。

 外見はいかにも陰陽師風であり、名前も含めてそちらに寄せてデザインされています。
 普段は目を閉じているようにも見えますが、これは単純に糸目なだけ。「赤鱗躍動」を使った時だけ見開くので、閉じているように見えますけど。

 加茂家の次期当主として相応しく振舞おうと努めており、交流会では宿儺を宿した虎杖を呪いとして積極的に殺しにかかります(他のメンバーは、京都校の学長の指示があったので、といった様子でしたが、加茂だけは「そうすべき」と自分でも判断しているようでした)。

 一方で、虎杖の「たくさんの人を救うために呪術師をしている」という動機に共感し、すぐに虎杖のことを認めるだけの器の大きさも持ち合わせています。

 仲間への指示や戦術は的確ですが、宗家の真依の前で伏黒のことを「宗家よりよほど出来がいい」と評してしまったり、平気で対人関係の地雷を踏み抜く天然な一面も。

 まあ、これは加茂自身が側室の子という傍流の立場だったからこその発言かもしれませんが、どちらにしろ典型的なデリカシーのない男、という奴ですよね。

その強さ、相伝の術式:赤血操術

 加茂は準1級術師という、学生としてはトップクラスの実力者であり、加茂家相伝の使い勝手の良い術式を保有しています。

術式:赤血操術
血液を操作する加茂家相伝の術式
血液を圧縮して飛び道具として放ったり、身体能力を強化したりとその応用力は高い
血液不足という課題はあるが、加茂の場合は輸血パックを用いてその問題を解決している。

百斂(びゃくれん)
血液を圧縮する技。赤血操術の起点。

穿血(せんけつ)
圧縮した血液を一点解放して打ち出す技。その速度は音速を超える。

赤鱗躍動 (せきりんやくどう)
血液によるドーピングで身体能力を向上させる。

 血液を操る、血筋大好きな御三家らしい術式です。

 実際、応用力も威力も非常に高く、対呪霊は勿論ですが、速度や手数に優れることから対人戦でも非常に強力な術式と言えるでしょう。

 ちなみに、作中では加茂以外に受胎九相図の脹相が同じ赤血操術の使い手として登場しており、加茂は脹相と比べると、使い手としてはやや劣っていると言わざるを得ないでしょうね。


呪術廻戦、加茂憲紀は意外と不遇

側室の子であり、史上最悪の呪術師と同じ名を与えられた少年

 さて、そんな加茂ですが、実はその生い立ちは不遇なものでした。

 加茂は側室の息子であり、元々加茂家内での立場は良いものではありませんでした。彼が加茂家の次期当主となったのは、ひとえに正室が相伝の術式を継いだ子供を生めなかったから。

 幼い頃の加茂の扱いがどんなものだったかは、その名前からも想像に難くありません。
 憲紀(のりとし)。どこにでもある名前でしょうが、加茂家でその名は特別な意味を持ちます。

 加茂 憲倫(かも のりとし)、百年前に存在した史上最悪の呪術師、御三家の汚点と呼ばれた男と一文字違い、同じ読み方の名前なのですから。

 それが相伝の術式を継いでいると分かった途端に母親と引き離され、呪術師として育てられた。
 それでも母親に誇れるようにと、立派な呪術師になろうとする彼の在り方は、呪術師としては珍しい程まっとうなものと言えるでしょう。

元ネタは「ゴージャス」、ただし読者の感想は「KISS」

 ちなみに加茂は、そのデザインからして不遇です。

 何せ、元ネタは作者が「ゴー☆ジャスっぽくてウケる」と思ってデザインしたもの。
 (「ゴー☆ジャス」は宇宙海賊のコスプレで有名なピン芸人

 それがいざ反応を見て見ると読者からは「KISS?」
 (「KISS」はアメリカのハードロックバンドですね)

 宇宙海賊芸人なんだか、顔を白く塗りたくったロックバンドなんだか、好き勝手言われてますよね、ホント


呪術廻戦、加茂憲紀の活躍と今後

交流会編では伏黒と戦った京都校のリーダー格

 今のところ、加茂の活躍、というか登場シーンはそれほど多くありません。

 交流会編では伏黒と一対一で戦っており、表面的にはほぼ互角の戦いを繰り広げていましたが、恐らく加茂はこの時、伏黒に致命傷を与えないよう注意しながら戦っており、この時点の実力では伏黒よりも加茂の方が上だったでしょう。

 加茂は伏黒のことが、同じ御三家の傍流で優秀な人間ということでお気に入りなので、万が一にも大怪我をさせたらいけませんからね。

 まあ、「君と私は同類だ」って伏黒に言ったら、あっさり「違います」って否定されてたので片思いですけど(「違くない」と反論する加茂は、天然っぽくてかわいかった)。

 結局、交流会では特級呪霊「花御」が乱入してきたせいで伏黒との決着はつかずじまい。加茂も花御に殴り倒されて退場してしまいました。

渋谷事変では氷漬けに、生存はしているが……

 その後、加茂が再登場したのが渋谷事変のクライマックス。

 京都校の仲間と共に、偽夏油、裏梅たちに挑みますが、加茂は裏梅に氷漬けにされてあっさりやられていまいます(まさしく最上級の使い手たちが相手ですから、相手が悪すぎるんですけど)。

 九十九由基の登場により何とか一命は取り留めましたが、現在どうしているかは不明です。

 再登場しても今のままだと敵が強すぎるので、加茂にも何らかのパワーアップが必要とは思いますが、果たして今後どうなるでしょうか。

【まとめ】「呪術廻戦」キャラクター考察wiki

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました