「忘却バッテリー」鈴木さん~モブ先輩コンビの細い方、佐藤さんとの違い、投手経験や活躍など~

 今回は「ジャンプ+」の人気野球漫画「忘却バッテリー」から、モブ顔先輩コンビの細い方「鈴木さん」について解説します。

 鈴木さんは主人公たちの一学年上の先輩。

 同じモブ顔の佐藤さんと共に第一話から登場し続けていますが、未だ下の名前さえ判明していない雑な扱いのキャラクターです。

 モブ扱いながら初代キャプテン、控え投手と地味に重要な役割を果たしていた鈴木さん。

 本記事ではそんな縁の下の力持ちのプロフィールや活躍を中心に解説してまいります。

「忘却バッテリー」鈴木さんのプロフィール

基本プロフィール(声優など)

誕生日不明
身長不明
血液型不明
所属都立小手指高校
出身不明
ポジション外野手(投手可)
投打右投右打
背番号7番
家族不明
声優鈴木崚汰

 鈴木さんは主人公の要圭清峰葉流火らと同じ小手指高校に通う一学年上の先輩。

 主人公らの入学直前に元々野球部の無かった小手指高校に野球部を発足させた一人で、第一話から佐藤さんと共にレギュラー出演しています。

 外見はいかにも気弱で人の良さそうな雰囲気を漂わせたモブ顔少年。

 同じモブ顔の佐藤さんと比べ、やや細めなのが特徴です。

 性格はおっとりしていて気弱。

 とても真面目で責任感が強く、主人公たちの足手まといになるまいと必死に練習に取り組んでいました。

投手も可能な外野手、秋・冬で大きく成長

 鈴木さんのポジションは外野手。

 当初は素人同然でしたが、一年目の秋・冬に真面目に練習に取り組んで立派な球児へと成長。

 癖がついていなかった分、吸収も早く、千早藤堂も認めるほど大きく伸びています。

 特にバッティングに関しては同学年トリオ(佐藤・土屋)の中では一番上。

 また小学校の時に投手経験があり、一年目は控え投手としても活躍。

 サイドスローで球は遅く、カーブもあまり曲がりませんが、コントロールは悪くなく安定した投球が可能です。


「忘却バッテリー」鈴木さんと佐藤さん

 鈴木さんと佐藤さんは見分けのつきにくいモブ顔コンビ。

 未だ下の名前さえ明かされていない雑な扱いをされています。

 当初は本当に細い方(鈴木)、太い方(佐藤)というざっくりした区別しかありませんでしたが、徐々に個性を発揮。

 鈴木さんが「投手可」「真面目」「少し上手い」に対し、佐藤さんは「天然(変態?)」「レギュラー落ち」など、見た目以外の部分でも区別できるようになってきました。

「忘却バッテリー」鈴木さんは初代キャプテン

 小手指高校の野球部は主人公たちの入学直前に鈴木さんと佐藤さんが立ち上げました。

 一学年上の楠田と御手洗というクソみたいな先輩が付属していましたが、部を作ったのはあくまで鈴木さんと佐藤さん。

 後輩たちが主導権を握っていたため全くそんな気配はありませんでしたが、鈴木さんはキャプテン業を担っていたようです。

 二年目に入ると自分には荷が重いと感じていたのか山田に主将を譲っていますが、あの癖の強い後輩たちが自由に動ける環境を作っていただけでも立派なものです。


「忘却バッテリー」鈴木さんの活躍

星明学園戦で先発投手として登板

 鈴木さんの最大の活躍と言えば一年目の夏の東京都予選三回戦、星明学園戦。

 エース清峰を温存するため、小学校で投手経験のあった鈴木さんが先発登板することになります。

 星明学園は東京都でも中々の強豪校で鈴木さんには荷が重かったですが、鈴木さんは初回に四点も取られながらバックの好守に助けられ奮闘。

 要のセオリー無視のリードが偶々上手くハマったこともあり、七回途中四失点の好投を見せます。

 最後は七回二死満塁のピンチを迎え交代しますが、その頑張りはあの清峰が「ナイピです」と認めるほどでした。

二年目は外野手に専念、立派なチームの戦力に

 二年目は二番手投手として瀧正雪が入部してきたこともあり、鈴木さんは外野手に専念。

 イキった感じの新入部員が大量に入部してくる中、彼らから格下と舐められていた鈴木さんたちでしたが、1年対2・3年の紅白戦で、鈴木さんたちは秋・冬と鍛えてきた実力を発揮します。

 土屋と佐藤さんが1年生投手猿川の球を連続ヒット。

 続く鈴木さんは何とレフトオーバーのランニングホームラン放ち、新入部員の前で最上級生の威厳を見せていました。

 その後も1年生とのレギュラー争いにしっかり勝利しており、2年目の鈴木さんはチームの大切な戦力へと成長していました。

【まとめ】「忘却バッテリー」キャラクター一覧



コメント

タイトルとURLをコピーしました