【まとめ】「忘却バッテリー」キャラクター一覧(登場人物解説記事のまとめ、随時更新)

 今回は「ジャンプ+」の人気野球漫画「忘却バッテリー」から、作中に登場する主要なキャラクターを一覧形式で整理したいと思います。

 また、併せて本ブログに投稿してきた登場人物(キャラクター)解説記事へのリンクをまとめております。

 内容については随時更新(解説記事を含む)してまいりますので、興味のある方は是非リンクから読んでやってください。

都立小手指高校

主人公世代

要圭
本作の主人公の一人で、シニア時代は冷静沈着なリードでチームを勝利に導く天才捕手と呼ばれていた。
しかし突如記憶喪失となって野球に関することを忘れてしまい、野球部のない都立高校に進学する。
実は記憶喪失ではなく二重人格。
才能の無さを必死の努力で補い続けたストレスが野球のための別人格を作り、それが報われなかったショックで別人格が一時的にダウンし、周囲からは記憶喪失のように見えてきた。
主人格は「アホ」、天才捕手と呼ばれていた副人格が「智将」。

清峰葉流火
本作の主人公の一人で、シニア時代完全無欠と評された天才投手。
幼馴染の要圭を誰より慕って信頼しており、彼と野球をするためだけに小手指高校に進学した。
天才と呼ばれる小手指高校のメンバーの中でも、唯一本物の天才。
ただ野球以外に興味がなく、野球以外のことはサッパリ。

山田太郎
物語の語り部で本作のツッコミ役を務める少年。
中学時代に清峰・要バッテリーに敗れ、野球を辞めるつもりでいた。
元捕手だが一塁に転向、二年目から主将に就任する。

藤堂葵
強肩強打の大型遊撃手。
かつて天才と呼ばれた一人で、中学時代にエラーで先輩たちの夏を終わらせてしまい、それが切っ掛けでイップスとなり野球を辞めるつもりでいた。
周囲のアドバイスや支えによりイップスを克服。
二年目からは四番打者に就任。

千早瞬平
巧みなバットコントロールと俊足が売りの二塁手。
かつて天才と呼ばれた一人だが、体格に恵まれず苦労していた。
中学時代は体格を技術と理論で補うべく必死の努力をしていたが、技術と理論を兼ね備えた天才、清峰・要に敗北。
体格に恵まれたチームメイトに嫉妬してしまった自分を恥じ、野球を辞めていた。

一学年上

土屋和季
オタクで気の優しい先輩。
中学時代は軟式野球部だったが、体育会系のシステムに馴染めず、高校では野球をしていなかった。
要に誘われ野球部に入部。
千早に匹敵する俊足のセンター。

鈴木さん
モブっぽい先輩の細い方。
投手経験があり、清峰の代わりに登板することも。

佐藤さん
モブっぽい先輩の太い方。
一年生の入部によりレギュラーを外れるが、それでも真面目に頑張り続ける優しい先輩。

佐古レイラ
クール系美少女。
野球経験者だが女子が甲子園に行けないと知り、今は野球を辞めている。
マネージャーに就任。

姫倉清花
おっとり清楚系美少女。
応援を好むが、応援した相手がことごとく敗北する逆神。
投資の世界では「逆神・億り姫」として有名。
マネージャー兼チアに就任。

二学年上

楠田竜樹
金髪ヤンキーのクソみたいな先輩。
野球部も、彼女もいないのにデートと見栄を張ってサボっていた。

御手洗優作
先輩ヤンキーコンビの無口な方。
意外と優しく面倒見が良く、要におだてられてからは練習にも顔を出すように。

一学年下

陽ノ本照夜
清峰・要のシニア時代の後輩で、彼らを慕って小手指に進学してきた。
優秀なサードで非の打ちどころがない真面目な性格。
帝徳の陽ノ本当は彼の兄で、偉大な兄を尊敬しつつも、強い劣等感を抱いている。

瀧正雪
清峰・要のシニア時代の後輩で、照夜と共に彼らを慕って小手指に進学。
中学時点ですでに七人の彼女がいる。
変幻自在のスモーキー投手で、案外頼りになる。

猿川小立
小手指ならレギュラーを取れると考えて進学してきた少年。
入学時は先輩を見下すなど攻撃的な言動が目立ったが、徐々に改善。
投手になるというこだわりを持っていたものの外野に定着。自分の代わりにレギュラーを外された佐藤のことを思い、しょげることなく全力で取り組む。

その他関係者

佐古優助
一年目の夏の大会後から従兄妹のレイラの推薦で監督に就任。
緩いゴミニート系のオッサンだが、指示は的確で優秀。
野球経験者だが、高校時代のケガがきっかけで野球を離れていた。

要の母
要の母。強烈。ある意味ヒロイン。

清峰葉流馬
清峰の兄。
礼儀正しいリーマンだが、弟に対する躾は苛烈。
シャイで人前に出るときは被り物やグラサンで顔を隠している。
生粋のAVマニアで、相手の(野球)プレイスタイルを見ただけで趣味に合うAVを見つける能力を持つ。

藤堂姉妹
要が嫉妬する美人でヤンキー系の姉と、ゆるふわ系美幼女の妹。


私立帝徳高校

 西東京最有力とされる甲子園常連の野球名門校。清峰、要、藤堂、千早もスカウトされていた。

岩崎監督
冷静沈着な名将。
ただし国都に清峰、要、藤堂、千早を加えた「ハイパーつよつよ1年生5人組」の結成を夢見ており、清峰たち小手指が絡むと時々錯乱する。

国都英一郎
清峰たちと同学年で、一年生から四番を務める長距離砲。
生真面目で礼儀正しく、打者としては天才的。
中学時代に清峰・要バッテリーに敗北し、彼らと共に帝徳で甲子園を目指すことを熱望していた。

飛高翔太
清峰たちの一学年上で、帝徳の二枚看板と評される一人。
150キロオーバーのストレートを駆使するエースピッチャーだが、メンタルが卑屈なゴミムシで調子が安定しない。
ただし追い詰められると集中力が高まり最高のピッチングを見せる。

陽ノ本当
清峰たちの一学年上で、帝徳の二枚看板と評される一人。
二番手投手だが、実力は飛高と遜色なく、打者としても一級品。
明るい人格者で、同級生たちはみんな彼と野球がしたくて帝徳に来た。

千石今日路
陽ノ本と野球をしたくて帝徳に来た男の一人。
二塁手で二番、クールだが毒のある性格で飛高への当たりはキツイ。

小里偲歩
陽ノ本と野球をしたくて帝徳に来た男の一人。
遊撃手で一番、帝徳一の俊足。
とても短期でキレ易い。

久我歳行
陽ノ本と野球をしたくて帝徳に来た男の一人。
強面だが心優しい強打者。
作中では三塁や左翼を守る五番打者。

益村重光
陽ノ本と野球をしたくて帝徳に来た男の一人。
地味な雰囲気で、先輩のケガが理由で正捕手となったため、自己評価は低め。
優秀な交配の乗富が陽ノ本と組んで以降は、性格的な相性から飛高とバッテリーを組むようになる。

乗冨大善
要たちの一学年下の捕手。
小柄でコミカルな見た目の自信家で、クセは強いが走攻守ともに一流。
陽ノ本のフォークを捕球可能で、その実力を最大限に引き出す。

私立氷河高校

 西東京の野球強豪校。いつも決勝で小手指を待っている。

桐島秋斗
要たちの一学年上で氷川のエースピッチャー。
キレのある速球と多彩な変化球で打者を翻弄する曲者。
大阪からの野球留学生で毒舌。
大阪陽盟館に進学した天才の弟がおり、内心そのことに強い劣等感を抱いている。

巻田広伸
要たちと同学年で、千早のシニア時代のチームメイト。
直球勝負を信条とするフィジカルに恵まれたパワーピッチャー。
千早とは相性が悪いが、その実力は認めライバル視している。

舞原正太郎
要たちの一学年下で捕手。
ホンワカした雰囲気の小柄な少年だが、口が上手く、バッティングもパワフル。

宇部智也
要たちの一学年下。
眼鏡の長身選手で、全身に包帯を巻いて喜ぶ中二病。


大阪陽盟館高校

 全国一の野球名門校で、甲子園出場ではなく優勝を目標として掲げている。高卒プロを多く輩出するプロ予備軍。清峰・要もスカウトされていたが、要は清峰のバーターとしてだった。

桐島夏彦
要たちと同学年で、氷河高校の桐島秋斗の弟。
左のエース投手で、とてつもなく口が悪く、東京に行った兄のことをカス呼ばわりして見下している。

凪薫
要たちと同学年で、高校生離れした肩とフィジカルを持つ捕手。
野球以外に興味がなく無口。

白旗孝史
要たちと同学年で、右の二番手投手。
厳つい顔だが実家は金持ちで、よく「品位」という言葉を口にする。

亀田監督
見た目も性格もコミカルだが、選手を見る目は一流。
かつて清峰をスカウトし、今でも獲得できなかったことを悔やんでいる。一方で、バーターだった要のことは全く記憶にない。

星明学園

 西東京の野球名門校。藤堂のシニア時代の先輩が多く進学している。

高須
シニア時代の藤堂の一学年上の先輩。
実力はそこそこだが人柄がよく、ずっと藤堂のことを心配していた。
ポジションは左翼手。

津田
シニア時代の藤堂の一学年上の先輩。
四番投手、クレバーでロボットのように感情を見せない。
両津勘吉を尊敬していて、ドロップアウトから更生した者より、コツコツ真面目に努力した者の方が偉いという信条を持っている。

花木高校

 都立の新設野球部。要と清峰のシニア時代のチームメイトが中心となって結成した。

渡辺
シニア時代の要たちの一学年下の後輩で、投手。
シニア時代は「エンジェル渡辺」と呼ばれた気の利くデブだったが、内心ずっと鬱屈したものを抱えており、シニア時代に要にボロカスに適切なアドバイスをされたことを逆恨みし、それをバネに覚醒、痩せた。

金城
シニア時代の要たちと同学年のチームメイトで、控え捕手。
ずっと勝てなかった要に対し、要がもてはやされているのは清峰という投手のおかげだと鬱屈した感情を抱いていた。

横山高校

 毎年一回戦で当たる謎の高校。一年目は監督と投手、二年目からはレギュラー全員眼鏡で太っちょのオッサンの顔をしている(多分、素材登録している)。

 中路は担当編集者と同じ名前だが関係はない。しかし中路は後に集英社の社員となり、ジャンプ制作に携わることとなる。

投路(とうじ)
捕路(ほじ)
一路(いちじ)
セカン路(せかんじ)
三路(さんじ)
遊路(ゆうじ)
左路(さじ)
中路(なかじ)
右路(うじ)
監路(かんじ)

その他

佐古純次
胡散臭いオッサン新聞記者。
佐古レイラの父で、佐古優助監督の叔父。

安藤
スポーツ用品店の店長。
山田のことを気に入っている。

みかわ絵子(作者)
本作の作者。野球はさほど詳しくないが、旦那も野球漫画を描いていて、そこから色々とアドバイスを受けている。



コメント

タイトルとURLをコピーしました