「チェンソーマン」コスモ~「ハロウィン!」でお馴染み、最強説も流れる宇宙の魔人、その能力と最期(死亡)、復活の可能性は~

 今回はその強烈すぎるストーリーとキャラクターで話題を攫った傑作漫画「チェンソーマン」より、「ハロウィン!」でお馴染み「コスモ(宇宙の魔人)」について解説します。

 コスモはデンジの心臓を狙って送り込まれた刺客・クァンシに従う4人の魔人の1人。

 普段は「ハロウィン」としか喋れず、行動も自由気ままで、登場当初は単なるおバカキャラのイロモノ枠かと思われていました。

 しかしその正体はなんと森羅万象の知識を司る「宇宙の魔人」。

 本記事では最強説も流れた宇宙の魔人の能力、そしてその最期(死亡)や復活の可能性を中心に語ってまいります。

「チェンソーマン」コスモのプロフィール

デンジへの刺客として登場したクァンシの4人の愛人(魔人)の1人

 コスモはデンジの心臓を狙って中国から送り込まれた刺客・クァンシの従う4人の魔人(悪魔が人間の死体に憑りついた存在)の1人として登場しました。

 コスモを含めた魔人は全員女性で、クァンシ(美女)の愛人でもありますね。

 魔人の中でもかなりぶっ飛んだ見た目をしており、右頭部から飛び出した脳みそと右目、そしてハートマークの浮かんだ瞳が特徴です。

 普段は「ハロウィン!」としか喋らず、明るく陽気でハイテンション。

 個人的にはその言動から「陰キャがハロウィンではしゃぐ陽キャどもに抱く恐怖から生まれたハロウィンの魔人か?」などと疑ったこともありました。

 作中では岸辺と遭遇して仲間の魔人の2人が拘束された際、コスモは逃亡してしばらく行方不明になっていましたが、実はその際1人で東京観光をしていたらしく、かなりマイペースな性格であることもうかがえます。

その正体は「宇宙の魔人」、森羅万象の”知”を司る賢者

 意味不明さが際立ち、登場当初は単なるおバカキャラのイロモノ枠かと思われていたコスモですが、後に彼女は宇宙の森羅万象の情報を司る「宇宙の魔人」だということが判明します。

 言い換えれば「宇宙という未知」への恐怖から誕生した存在ですから、かなり高位の悪魔がベースになっていることは間違いありませんね。

 現実世界ではハイテンションで「ハロウィン」としか喋れないコスモですが、精神世界での彼女は非常に理知的で普通に会話することができます。

 なぜ普段は「ハロウィン」としか喋らないのかは全くの不明ですが、恐らくは後述する能力が関係しているものと考えられています。


「チェンソーマン」コスモ(宇宙の魔人)の能力とは(最強?)

宇宙の魔人の能力、何故「ハロウィン」?

 宇宙の魔人の能力を端的に言うと「宇宙の情報を強制的に相手の脳に流し込み、理解させる」という精神攻撃。

 能力発動のトリガーは相手に「ハロウィン」と声をかけることで、それによって相手はコスモの精神世界に引きずり込まれ、宇宙の情報を流し込まれます。

 宇宙(森羅万象)の膨大な情報は人間の脳で処理できるものではなく、それに触れた人間は思考が「ハロウィン」で塗りつぶされてしまうのです。

 結果、相手は「ハロウィン」のことしか考えれない狂人、あるいは廃人に。

 ちなみに、なぜ「ハロウィン」なのかは不明。

 ハロウィンと言えば元々はケルト民族が起源とされる祭りで、日本でいうお盆のようなものと言われていますが、これのどこが「宇宙」と関わっているのか……

 まあ、言葉自体に大した意味はないのか、あるいは宇宙の深淵なる真理を人間ごときが理解しようとすること自体が間違っている、ということなのでしょう。

闇の悪魔の力を手にしたサンタクロースをも瞬殺した本気のハロウィン

 コスモ最大の見せ場と言えば、対サンタクロース戦。

 サンタクロースはデンジの心臓を狙う刺客の一人で闇の悪魔の肉片を食べて異形化したデビルハンター。

 単純に強いというだけでなく、人形の悪魔と契約・同化し、世界中にその端末となる人間がいるため、目の前にいる個体を倒しただけでは殺しきることができないという強敵です。

 デンジだけでなくクァンシたちをも巻き込んで攻撃してきたサンタクロースに対し、クァンシはコスモに「本気のハロウィン」を食らわせてやれと命じます

 某「龍玉」の亀の流派の必殺技のごときポーズから「本気のハロウィン」が放たれた瞬間、サンタクロースはコスモの精神世界、膨大な数の本が収められた図書館のような場所に引きずり込まれました。

「こんばんはサンタクロース」
「私は宇宙の魔人です」

 現実世界とは打って変わって流暢に、理知的な態度で話しかけるコスモ。

 そこは宇宙の森羅万象の情報が本という形で詰め込まれた世界。

 コスモは闇の力で全てを理解した気になっているサンタクロースでさえ、その本の一頁にも満たない情報しか理解できていないのだと告げます。

「これからあなたの脳に」
「この図書館の本の内容が」
「全て流れ込みます」

「そうすると私は」
「どうなるのでしょうか?」(サンタクロース)

「全てを理解した者は皆」
「死ぬまでハロウィンのことしか」
「考えられなくなるのです」

 その脳の全てをハロウィンで埋め尽くされたサンタクロースは、精神世界はあっさりと燃え尽きてしまったのです。

 この凄まじい能力から、一部では最強説も流れていたコスモですが……


「チェンソーマン」コスモの最期(死亡)と復活の可能性

直後に現れたマキマ(支配の悪魔)に斬首され、あっさりと死亡

 強敵サンタクロースをその凄まじい力で消滅させたコスモですが、それと同じ回(70話)であっさりとマキマに殺されてしまいます。

 サンタクロースを倒した直後にその場に現れたマキマ。

 クァンシはマキマを見るなり即座に両手を挙げて降伏しますが、マキマは容赦なく、クァンシ、コスモ、そしてもう一人生き残っていた魔人・ツギハギを斬首し、殺害しました。

 この時、コスモは「ハロウィン」を使っていましたが、マキマには全く通じた様子がありません。

 マキマ(支配の悪魔)が総理大臣と結んだ契約により適当な国民の死に転換されたのか(詳細はマキマの解説記事)、それとも「ハロウィン」が効果を及ぼすには何らかの条件があるのか。

 そもそも精神性が人間と異なる支配の悪魔には、精神攻撃は効果が薄かったのかもしれません。

魔人の不死性を考慮すれば復活、あるいは転生による再登場の可能性は十分にある

 マキマに殺されたクァンシ、そしてコスモを含めた彼女の愛人たちですが、後にクァンシだけはマキマに支配され、その配下として復活しています。

 クァンシは弓矢の悪魔と融合した武器人間ですから、首を落とされても血さえ飲ませれば普通に復活できたんでしょうね。

 そして魔人であるコスモたちも同様に限りなく不死に近い存在ですから、マキマが彼女たちを利用しようと考えていたなら、復活している可能性は十分にあります。

 ただ、第一部ではコスモを含めた魔人たちは再登場していませんのでどうなったかは不明。

 普通に考えれば、そのまま死んでしまった可能性の方が高いでしょう。

 しかしその場合でも、魔人は現世で死ねば悪魔として地獄に転生しますから、第二部で「宇宙の悪魔」として再登場する可能性はまだ残されています

 非常に魅力的なキャラクターだったので、是非再登場して欲しいのですが……

【まとめ】「チェンソーマン」キャラクター一覧

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました