「呪術廻戦」天元~九十九由基との関係、星漿体、六眼と結ばれた因果とは?~

 今回は「呪術廻戦」から、未だ謎に包まれた存在「天元(てんげん)」について解説します。

 天元は物語の序盤から、呪術界の中核を為す存在として存在だけは語られていましたが、ながらくその正体は謎に包まれていました。

 渋谷事変後にとうとうご本人が登場したものの、天元が果たしてどういった存在なのか、その本質は断片的な情報が語られるのみで、多くの謎が残されています。

「呪術廻戦」天元について開示されている情報

不死の術式を持つ呪術界の要石

 まず、天元について語られている確定情報について整理しましょう。

 不死の術式を持つ全知の術師
 ②不死ではあっても不老ではなく、肉体は時間経過により変化し、高次の存在へ進化する
 ③進化の過程で天元の意思は消失し、人類の敵に回る可能性もある。
 500年に一度、星漿体と呼ばれる「器」と同化することで肉体の変化を止めることができる
 ⑤国内の結界術は天元によって強度を底上げされている。
 ⑥呪術高専の地下、薨星宮(こうせいぐう)の結界の奥にいる。

 人間というよりは神様、あるいは自然現象に近い存在のような気がしますね。
 そもそも人間ではないのか、あるいは天地との合一を目指した仙人のような存在なのか、ともかく現時点で人間社会に好意的なのは確かのようです。

 基本的に結界術によって呪術界をサポートする以外、現世には干渉しない方針のようですが、そもそもどうして天元が誕生したのか、限定的とはいえ呪術界をサポートしてくれているのか、根本的なところは全く謎に包まれています

星漿体とは? 六眼との関係は?

 星漿体とは500年に一度、天元と同化してその老化をリセットするための器
 今代では天内理子という少女がその役割を担うはずでしたが、物語が始まる11年前に天内理子は死亡し、天元との同化はなされませんでした

 天内理子は、天元を神聖視し、星漿体との同化を不純物が混ざるとして否定する者たち(「盤星教」「Q」)による妨害によって殺されたのです。

 星漿体との同化を妨害する者は500年前にも1,000年前にも存在していましたが、どんな妨害があろうとも星漿体、そして六眼の保持者(今代では五条悟)が現れ、同化がなされてきたと言います。

 ただし今代では、完全に呪力、そして因果から脱却した伏黒甚爾というイレギュラーが関わったことで、同化という因果は破壊されてしまいました

 ちなみに、さらりと語られた「六眼」が天元とどのような関係を持っているのかは、未だ明らかになっていません


特級術師九十九由紀との関係は?

九十九由基は天元を利用しようとしていた可能性が高い

 作中では、これもまた謎に包まれた特級術師、九十九由基が天元と深いつながりを持っていることが明らかとなっています。

 ただ、過去編で登場した際「もう一人星漿体いたのか、既に新しく星漿体が産まれたのか、どちらにせよ天元は安定しているよ」と発言しており、実際に天元に接触できる立場でもなかったようです(実際には他の星漿体なんていませんでしたからね)。

 九十九由基は呪霊の生まれない世の中を作りたいと願っており、恐らくその研究の過程で天元と関わることになったのでは、と思われます。

 九十九由基は元々、

 ①全人類を呪術師にする。
 ②全人類を呪力から脱却する。

 どちらかのプランにより呪霊の生まれない世界を作りたいと考えていました。

 その中で、①のプランを実行するためには天元の結界の利用が必要不可欠という結論に至り、天元と接触した可能性が高いですね。

 ただ天元の結界の有効範囲が日本限定であったことから、海外との摩擦などの影響を考慮して①のプランは放棄し、現在は②のプランを検討しているようです。

天元は九十九由基を警戒していた?

 九十九由基は渋谷事変後、天元に会いに行った際、自身が天元に警戒され、避けられているのではと推測しています。

 そしてそれは恐らく事実でしょう。

 九十九由基は元々、天元を利用することを考えていた(と思われる)人物です。それは天元にとって、敵の黒幕である偽夏油(羂索)と大差ない考え方だったでしょう。

 九十九由基を護衛に置くことを認めた現在、一応その疑惑は晴れたようですが……


天元の現在、今後暴走する可能性はないのか?

星漿体との同化に失敗し、高次の存在(ただし呪霊寄り)に進化済み

 さて、現在の天元ですが、前述したように星漿体との同化に失敗し、肉体が変化して高次の存在に進化してしまっています。

 既に天元の本体は天地と同一の存在となっており、虎杖たちの前に姿を見せたのはアヴァターのようなもの。

 意思を失い人類の敵となる可能性もある、と示唆されていた天元ですが、その卓越した結界術で自我を保ち、状態そのものは安定しているようです。
 九十九由基も恐らく外的観測によりこれを確認し、安定していると発言していたのでしょう。

 ただし、現在の天元は呪霊寄りの存在となっており、偽夏油(羂索)の呪霊操術の対象となりうる危険な状態でもあるのです。

今のところ暴走の危険はないが、偽夏油(羂索)に狙われている

 今のところ暴走の危険はなく、安定している天元ですが、偽夏油(羂索)の呪霊操術によって操られてしまえばその限りではありません。

 偽夏油(羂索)の狙いは天元と日本中の人間を同化させ、呪力の最適化により彼らを呪術師とすること。

 ただそれは、天元と同化した誰か一人でも暴走すれば、1億人の穢れが世界に流れ出る危険な状態でもあります。

 天元そのものは不死なので、天元を殺してそれを食い止めることも出来ませんし(そもそもそんな下種な発想はしないでしょうけど)、虎杖たちはどうしても後手に回らざるを得ない状況ですね。

【まとめ】「呪術廻戦」キャラクター考察wiki

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました