「ダンまち」アリアドネ~アイズの前世とされる古代の王女にしてアルゴノゥトのヒロイン~

 今回は人気ファンタジー「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(以下「ダンまち」)」から、アイズの前世とされる女性「アリアドネ」について解説します。

 アリアドネは喜劇「アルゴノゥト」に登場したヒロインの一人。

 ラクリオス王国の第一王女であり、怪物ミノタウロスの生贄となることが定められていた女性ですが、「始まりの英雄」アルゴノゥトによってその運命から解放されることになります。

 本記事ではそんなアリアドネのプロフィールや活躍、人間関係を中心に深掘りしてまいります。

「ダンまち」アリアドネのプロフィール

基本プロフィール(声優など)

 アリアドネはおよそ三千年前の古代において、ある少年がなし崩し的に英雄になってしまったとされる喜劇にして英雄譚「アルゴノゥト」に登場するヒロインの一人。

 「ダンまち」本編に登場するアイズ・ヴァレンシュタインの前世とされる人物で、外見は目の色(アリアドネは碧眼、アイズは金眼)を除き瓜二つです。

 登場当初はある理由から感情を押し殺していますが、アルゴノウトとの交流を通じて本来の年相応の少女らしさを取り戻していきます。

 声優は大西沙織さんが担当。

呪われた古代ラクリオス王国の第一王女

 アリアドネはラクリオス王国の第一王女です。

 ラクリオス王国は雷公・ミノス将軍を筆頭に猛者を集め、「人類最後の楽園」を謳い敵国やモンスターの侵略をはねのけていましたが、そこにはある闇が隠されていました。

 実はミノス将軍の正体は、三代前のラクリオス王が天から降ってきたアーティファクトを使って従わせていたミノタウロス。

 ミノタウロスの力を使って国を守っていたラクリオス王家でしたが、アーティファクトには制限があり、ミノタウロスに使用者である王家直系の縁者を生贄として食わせなければミノタウロスは解放されてしまいます。

 そして今代においてミノタウロスの生贄として捧げられる予定だったのが、第一王女であるアリアドネでした。


「ダンまち」アリアドネとアルゴノゥト

怪物の生贄とされた王女

 ミノタウロスの贄となる運命を背負わされたアリアドネでしたが、当初はその運命を受け入れられず逃走。

 そこでアルゴノゥトらと出会い、親交を深めていきます。

 しかし結局アリアドネは王家に連れ戻され、囚われの身に。

 それを不審に思い、真相を知ったアルゴノゥトは一芝居打って民衆に「ミノス将軍はミノタウロスに倒され死んだ」「自分は将軍の後継としてアリアドネを救い出す」と宣言。

 仲間たちと共に、ミノタウロスが潜みアリアドネが囚われた地下迷宮に挑み、最後はアリアドネと協力してミノタウロスを倒すことになります。

現代に続く人間関係

 喜劇「アルゴノゥト」には「ダンまち」本編に登場する人物の前世と思われるキャラクターが多数登場しています。

 アルゴノゥトはベル、その義妹のフィーナはレフィーヤの前世とされており、二人ともアリアドネ王女に一目ぼれしているあたり、その性癖は魂に刻まれたものだった模様。

 この他にも狼人のユーリはベート、ドワーフのガルムスはガレス、アマゾネスの戦士エルミナはティオネの前世。

 またアリアドネ本人は知りませんが、占い師のオルナはアリアドネの異母姉(アマゾネスに偽装したヒューマン)でティオナの前世。

 「アルゴノゥト」の縁は現代にまでしっかりと紡がれているようです。


「ダンまち」アリアドネのその後

 喜劇「アルゴノゥト」のその後の物語についてはあまり詳しく語られていません。

 10年後の物語である「ナイツ・オブ・フィアナ」においてはアリアドネは王位を継ぎ、女王として災厄の対処にあたっている模様。

 アルゴノゥトとその後結ばれたかどうかについては不明。

 アルゴノゥトは次の冒険であっさり死んでしまったとも、古代三大詩人の一人になったのだとも言われています。

「ダンまち」アリアドネとアイズ

 アリアドネはハッキリ明言されているわけではないものの「ダンまち」本編の正ヒロイン・アイズの前世であると言われています。

 見た目は目の色を除いてそのままですが、性格については王女としての教育を受けたアリアドネと、天然で物静かなアイズとではかなりギャップがありますね。

 アイズは隻眼の黒竜を撃退した約千年前の英雄「アルバート=ヴァルトシュテイン」の娘であり、風の精霊「アリア」の血を引いているとされています。

 ちなみにアリアドネの名前も縮めれば「アリア」となりますが、アリアドネと精霊に何か関係があるのかは不明です(単に名前で繋がりを示しただけかもしれません)。

【まとめ】「ダンまち」キャラクター一覧



コメント

タイトルとURLをコピーしました