ワールドトリガー「小佐野瑠衣」~元モデルのかわいい感覚派オペレータ―、飴玉の秘密、趣味は麻雀、声優は~

 今回はジャンプスクエアで連載中の大人気漫画「ワールドトリガー」から、諏訪隊の他に類を見ない感覚派オペレータ―「小佐野 瑠衣(おさの るい)」ついて解説します。

 小佐野瑠衣はB級ランク戦で主人公たちと対戦した諏訪隊のオペレータ―。

 オペレータ―という役割柄、登場シーンこそ決して多くありませんが、元ファッションモデルという経歴やそのマイペースな振る舞いから独特の存在感を発している少女です。

 本記事では小佐野瑠衣の基本プロフィールに加え、その意外な趣味(麻雀)やいつもくわえている飴玉の秘密なども交え、彼女の魅力について語ってまいります。

ワールドトリガー、小佐野瑠衣のプロフィール(声優含む)

元モデルの感覚派オペレータ―

ボジションオペレーター(B級部隊 諏訪隊隊員)
年齢17歳
誕生日7月3日
身長155cm
血液型A型
星座つるぎ座
職業高校生
好きなもの焼うどん、麻雀、海外小説
声優吉川未来

 小佐野瑠衣はB級部隊諏訪隊に所属するオペレーター。

 外見はやや跳ね気味の茶髪をショートにした美少女で、いつもくわえている棒付きの飴玉がトレードマークです。

 性格は一言でいうとマイペース。
 どんな状況、どんな相手に対しても動じることなく、自分のペースを乱すことがありません。

 中学までは芸能事務所に所属してファッションモデルをしていましたが、現在は飽きてやめています。

 その経歴からボーダー内外で知名度はそれなりに高く、BBF(ファンブック)で判明している限りでは、綾辻さんに次ぐ第2位のモテガールとなっています(立場や性格などを含めたモテ度なので、美人度合いの評価ではありません)。

ニックネームは「おサノ」、諏訪隊では基本タメ口

 小佐野瑠衣が所属する諏訪隊は非常にアットホームな部隊です。

 粗野ですが面倒見の良い隊長の諏訪洸太郎、穏やかで人格者の堤大地、真面目で仕事人気質の笹森日佐人と、メンバーの性格はバラバラながら、作戦室ではいつも和気あいあいとした空気が流れています。

 諏訪隊のメンバーからは「おサノ(先輩)」の愛称で呼ばれており、逆に小佐野は「諏訪さん」「つつみん」「日佐人」と呼んで、年上の諏訪や堤に対しても基本タメ口。

 ランク戦では唯一無得点で終わった諏訪をからかうような発言も見られました。

 ちなみに、大雑把に見える小佐野ですが意外と綺麗好きで自分のテリトリーであるオペレータ―室はしっかり掃除されています。

 ただし、他のメンバーとの共有スペースである作戦室まで片付ける気はなく、そちらの掃除は堤に丸投げしているのだとか(部隊内のヒエラルキーがよく分かりますね)。


ワールドトリガー、小佐野瑠衣の能力

「アイアムまあまあアホ」でもオペの腕は確か(草壁早紀お墨付き)

トリオン4
機器操作7
情報分析6
並列処理9
戦術6
指揮6
合計(※)34

※オペレーターのパラメーター合計にトリオンの値は含まれない。

 これが小佐野瑠衣のパラメーターです。

 「アイアムまあまあアホ」と自称する小佐野ですが、オペレーターとしての腕は確か。
 特に「並列処理」の値は、A級の国近三上と並んで(現在判明している限りでは)トップタイの値となっています。

 作者から「他に類を見ない感覚派オペレータ―」と評されている通り、戦術など細かいことを考えるのは苦手なようですが、これはこれで諏訪隊の豪快な戦術とは噛み合っているのかもしれません。

 また、小佐野は(A級片桐隊オペレーターの結束とともに)、A級4位部隊草壁隊の隊長・草壁早紀がガンナーからオペレータ―に転向した際に面倒を見たという経緯もあり、その腕前に関しては草壁隊長からもお墨付きをもらっていました。

物怖じせず誰とでも打ち解けられるコミュ力の塊

 小佐野瑠衣はコミュニケーション能力についても非常に優れています。

 防衛任務などではチームメイト以外とも臨時部隊を組むことがありますから、いくらオペの腕が優れていてもコミュニケーションが取れなくては話になりませんよね。

 その点、小佐野は遠征選抜試験編で高いコミュ力の片鱗を見せてくれました。

 同じ臨時部隊に配属されたのは、来馬弓場穂刈、小荒井の4人。

 隊長の来馬を中心に人格的に問題のないメンバーがそろってはいますが、弓場は見た目も口調もインテリヤンキー風で、普通の女の子にはちょっとキツイ相手。

 しかし小佐野はそんな弓場にも一切物怖じすることなく、楽しそうに弓場と睨み合って和気あいあいとした雰囲気を構築していました(いや、そもそも隊長の諏訪もヤンキーか)。


ワールドトリガー、小佐野瑠衣はここがかわいい(麻雀、飴玉)

諏訪隊らしく趣味は麻雀(冬島はカモ)

 小佐野瑠衣は、隊長である諏訪の影響か趣味が麻雀となっています。

 諏訪はボーダーにおける麻雀の胴元で、麻雀仲間には(元A級1位部隊隊長)、太刀川(現A級1位部隊隊長)、冬島(現A級2位部隊隊長)とそうそうたる面々が名を連ねています。

 この中に女子高生の小佐野が混じるのは違和感が強いですが、これにはある理由が存在します。

 基本的にこの面子で麻雀が強いのは頭脳派の東と冬島。

 諏訪もこの二人が相手だと分が悪いです。

 しかし、この二人のうち冬島(29歳♂、高校時代あまりモテなかった)は女子高生に弱く、小佐野が混ざると途端にメンバー最弱になるという特徴があります。

 諏訪がどういう意図をもって小佐野を面子に加えたかは、推して知るべしですよね。

いつもくわえている飴玉は小南が騙されて購入した豊胸アイテム

 いつも小佐野瑠衣が加えている棒付きの飴玉は、玉狛第一のエース・小南桐絵から譲られたものであることが判明しています。

 実はこの飴玉、小南が「胸が大きくなる」という触れ込みに騙されて大量購入したもの。

 騙されたことに気づいてショックを受けた小南から、偶々話をする機会があって意気投合した小佐野がタダで譲り受けました。

 小佐野本人は胸を大きくしたいと思って舐めていたわけではないようですが、何故か小佐野の胸はしっかり大きくなったのだとか。

「無欲な者に世界は微笑む」

 それを知った小南がどんな反応をしたのか興味深いですね。

【まとめ】ワールドトリガーキャラクター考察wiki



コメント

タイトルとURLをコピーしました