ワールドトリガー「嵐山准」~覚悟が決まり過ぎてて怖い? 柿崎の感じた恐怖、小南との関係、声優は~

 今回はジャンプスクエアで連載中の大人気漫画「ワールドトリガー」で、作者からナイスガイと称される男「嵐山 准(あらしやま じゅん)」について紹介します。

 嵐山は作中においてA級部隊嵐山隊を率いる隊長。嵐山隊がボーダーの広報を担っていることもあり、性格も外見も爽やかで真っ直ぐな好青年です。しかしその真っ直ぐさも突き詰めていくと実はちょっと怖い……今回はそんな嵐山の本質を深掘りしていこうと思います。

ワールドトリガー、嵐山准のプロフィール(声優含む)

広報部隊嵐山隊を率いる好青年、顔立ちは迅に似ている?

ボジションオールラウンダー(A級5位部隊 嵐山隊隊長)
年齢19歳
誕生日7月29日
身長179cm
血液型O型
星座ぺんぎん座
職業大学生
好きなもの弟妹、犬、海の幸
声優岡本信彦

 嵐山はA級部隊嵐山の隊長、作中序盤からボーダー隊員を象徴する人物として登場します。

 外見は後ろに流した艶やかな黒髪が特徴的な好青年。主人公の一人、迅悠一と外見が似ていると言われることもありますが、髪色とパッチリした目で差別化されています。

 嵐山隊はボーダーの広報部隊という位置付けで、嵐山自身もテレビなどによく出ている有名人。また、新入隊員の入隊試験を担当するなど、防衛任務以外でも非常に忙しく活動しているようです。

 嵐山はとんでもないブラコンかつシスコンで、弟の副(ふく)と妹の佐補(さほ)の前ではその完璧なキャラクターも崩れてしまいます。
 主人公の三雲修(本当は空閑遊真)に弟妹の命を救われたこともあってか、主人公たちに対しては当初からとても好意的

 遊真のブラックトリガー争奪戦の際は、本部ではなく玉狛支部について戦ってくれました(上司の忍田さんの命令だったにせよ、納得できない命令に従うタイプではないでしょうし、嵐山自身も乗り気だったのは間違いないでしょうね)。

実は玉狛支部の小南のいとこ

 ちなみに、嵐山は玉狛支部のエース小南桐絵のいとこであることが明かされています。

 実はこの作品ではボーダー隊員同士がいとこ、というのは珍しくありません(那須と奈良坂、宇佐美と米屋など)。しかし、そうした設定こそあるものの、作中でそれが活かされているかというと……じつはいとこ同士の絡みってほとんどないんです。

 嵐山と小南にいたっては1度作中で名前を呼んだぐらいじゃないんじゃないでしょうか。

 そんな本編に直接関係のないところまで設定を作り込むあたり、作者の深いキャラクター愛とこだわりを感じてしまいますね。


ワールドトリガー、嵐山准の強さ

A級部隊を率いる隙の無いのオールラウンダー

トリオン7
攻撃7
防御・援護9
機動7
技術8
射程4
指揮8
特殊戦術4
合計54

 これが嵐山のパラメーターです。援護、指揮能力にたけた、隙の無いオールラウンダーと言えるでしょう。

 嵐山はガンナートリガーによる中距離戦を基本としつつ、接近されれば変幻自在の軽量ブレードトリガー「スコーピオン」で応戦するタイプのオールラウンダー。

 個人戦よりもチームメイトとの連携を重視した戦い方を好むようですが、個人技が低い訳ではありません。
 ブラックトリガー争奪戦では、A級トップチームを相手に、視界内に瞬間移動するトリガー「テレポーター」を駆使して形勢を逆転するなど、安定した自力の高さをうかがわせます。

地味なようで強い! A級部隊嵐山隊

 嵐山隊は木虎藍をエースとした4人編成のチームですが、個人技で突出した実力者が存在せず、一見すると地味な印象を受けます。

 しかし、4人中3人がオールラウンダーという状況対応力の高さ、変幻自在のフォーメーションこそが嵐山隊の強み
 例えばA級7位部隊の三輪隊は、個人技で言えば嵐山隊よりも優れたメンバーが揃っていますが、順位は5位の嵐山隊よりも下。ブラックトリガー争奪戦でも嵐山隊に敗北しています。

 このように単純な個人の強さではなく、戦術、部隊運用による強さがきちんと表現されているところがワールドトリガーという作品の魅力でしょうね(A級1位部隊の太刀川隊は例外的に個人技でトップに立っていますけど)。


嵐山准は実は怖い? 元隊員柿崎国治の感じた恐怖

会見で見せた覚悟、「最後まで」って……

 さて、非の打ちどころのない好青年として描かれる嵐山ですが、行き過ぎた完璧さは時に人に恐怖さえ与えます

 嵐山隊には元々、嵐山と同い年の友人で柿崎国治という隊員が所属していました。
 しかし柿崎は嵐山の完璧さに劣等感をいだき、嵐山隊から脱退しています。

 柿崎が嵐山に恐怖にも似た感情を抱いたのはボーダー設立直後の4年前。
 取材で記者から、家族と市民どちらを優先して守るのかと意地悪な質問をぶつけられた柿崎は、戸惑い、答えられずにいました。

 しかし嵐山は家族と即答。ボーダー隊員としてそれでいいのかと問う記者に、嵐山は笑顔で、家族を救った後で引き返して市民を守ると答えます。

「家族が無事なら何の心配もないので、最後まで思いっきり戦えると思います」

 最後までって……「最期」までって聞こえるのは気のせいですかね?

 この時、嵐山はまだ入隊したばかりの15歳
 いったいどこまで覚悟をしていたんでしょう?

19歳組(迅、生駒、柿崎、弓場)の中は良好ですよ、念のため

 こんな風に書いて柿崎と嵐山の中が悪いかのようにとられてもいけないので、念のため補足しますが嵐山と柿崎の中は今でも良好です

 嵐山は普段は落ち着いたまとめ役ですが、ツッコミ役の柿崎がいるとボケに転向し、同じ19歳組の生駒や迅とキャッキャと暴走し始めるぐらい柿崎とは仲良しなのです。

 おかげで柿崎は、場を引き締めてくれる弓場(19歳)がいないとツッコミ過労死してしまうと言われているほど……それが面倒くさくて嵐山隊を辞めたわけじゃないよな、柿崎。

【まとめ】ワールドトリガーキャラクター考察wiki

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました